ライター : lindyiso

インスタグラマー / 料理ブロガー

暮らしの中のあれこれ。 料理、テーブルスタイリング、器、お出かけ、写真のことなどを発信していきたい。

ギリシャの食は本当に魅力的!

ギリシャといえばGreek yogurut。その他にもジャジキやムサカ、サガナキなど美味しいお料理がたくさんあります。 野菜や海の幸を塩やオリーブオイル、ヨーグルトなどでシンプルに味わうのがギリシャスタイル。地中海料理のひとつであるギリシャ料理は中東料理との共通点が多く、チーズ、ヨーグルト、オリーブオイル、ハーブなどをたっぷり使って季節の野菜や豊富な魚介類、肉類をシンプルにさっぱりとした味わいでいただきます。 ギリシャは国民一人あたりのオリーブオイル消費量は世界一だそうです。地中海に面した温暖な気候の中で栽培されるオリーブで作られるオリーブオイルはクセがなくまろやかで本当に美味しい!

Tzatziki(ジャジキ)

Photo by lindyiso

ジャジキと蛸のマリネ
最近日本でもギリシャ料理店などでおなじみのシャジキ?ジャジキ?ザジキ? ギリシャ語では 「Tzatziki」ですが読み方が色々ですね。 ヨーグルト、きゅうり、にんにくで和えたものでサラダとしてメニューに並んでいます。 パンやお肉料理と一緒に食べるとさっぱりして美味しいです。

家でも作ってみました♪

Photo by lindyiso

ジャジキ パンやお肉との相性も抜群!
【レシピ】 (材料)  グリークヨーグルト 200g  きゅうり 1/4本  にんにく 1/2片  ホワイトバルサミコ 小さじ1  フレッシュディル 適量  塩コショウ 適量  エクストラヴァージンオイル 適量 (作り方)  1. きゅうりはみじん切りにして塩を振って5分ほどおいてから水気を切る。  2.ボウルにグリークヨーグルト、きゅうり、みじんぎりしたにんにく、ホワイトバルサミ   コ、フレッシュディル、塩コショウを加えよく混ぜる。  3.最後にオリーブオイルをいれてよく混ぜる。

Greek salad(グリークサラダ)

Photo by lindyiso

グリークサラダ 小さな瓶に小分けされたサラダ
ギリシャで代表的なフェタチーズは山羊や羊の乳から作られていて、塩味が強いのが特徴です。サラダに入れるのが一般的ですがギリシャではパイに入れたりお肉(ミートボールなど)のトッピングにも使われるようです。 そんなフェタチーズを使うグリークサラダ。 トマト、きゅうり、ピーマン、赤たまねぎ、オリーブとフェタチーズにオリーブオイル、塩コショウで味を整え最後にオレガノなどのハーブ類をトッピングしてさわやかに♪フェタチーズに塩気があるので塩は控えめにしてもよいですね。暑い夏にピッタリのサラダです! フェタチーズは手に入りにくいかもしれませんがコストコや成城石井などにはおいてあります。是非一度作ってみてくださいね。

古代遺跡が見える絶景レストラン!

Photo by lindyiso

strofy アクロポリスを眺めながら食事ができる レストラン 「strofy」
古代遺跡と近代的な建物が混在するギリシャの首都アテネ。古代文明を象徴するパルテノン神殿を眺めながら食事ができるレストランがいくつかありますが、私がおすすめするのはアクロポリス近くのレストラン「strofy(ストロフィ)」。 絶景を眺めながらの食事は旅の最高の思い出になることは間違いなし! 夜はアクロポリスの神殿郡がライトアップされるのでディナーにも最適です。

Photo by lindyiso

夜のライトアップも綺麗です!
テラス席もありますが、大きな窓がオープンになるので屋上ならどの席からでも絶景を楽しむことができます。 地中海料理、ギリシャ料理、ヴィーガン料理もあり、何を頼んでも美味しくておすすめのレストランです。

世界遺産やクルーズも楽しさ満載!

Photo by lindyiso

イドラ島 エーゲ海一日クルーズ
青い海と青い空、数々の神話の舞台となったエーゲ海や古代遺跡や世界遺産が点在する神秘的な街アテネ、そして美味しい料理など、魅力いっぱいのギリシャ。 エーゲ海クルーズでクレタ島やサントリーニ島に足を伸ばすことも出来たら、どんなに素敵な旅になるでしょう!日程に多少の余裕が必要ですが、もっとギリシャの魅力を知ることが出来ますね!

Photo by lindyiso

ピスタチオアイスクリーム ピスタチオの産地であるエギナ島で食べた ピスタチオアイス
私はエーゲ海一日クルーズを利用してアテネ近海の3つの島々を巡りましたが、可愛い街と綺麗な海に大満足!ピスタチオのアイスクリームも最高に美味しかったです。 野菜や豆類をふんだんに使った料理も多く、ヘルシーで女性にとっては注目したいギリシャ料理! 味付けもシンプルなので日本人の嗜好にも合うと思います。 食べたことがない人も是非挑戦してみてくださいね♪
次はイタリア・フィレンツェで潜入したパスタ教室で学んだあれこれをご紹介します。乞うご期待!
次回の記事を読みたい方はこちらから▼
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!
lindyisoさんが執筆した他の記事もぜひ!▼
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS