フルーツ系かき氷がおすすめのお店4選

5. 断崖絶壁かき氷「志むら」

昨今のかき氷ブームの火付け役とも言われているのが目白の「志むら」です。こちらは和菓子屋さんなのですが常設の喫茶室で1年中かき氷を楽しめ、かき氷ファンの聖地的存在! 季節によってバラエティ豊かな手作りシロップを楽しめるので、いつ行っても新鮮な気持ちでかき氷を楽しめますよ。帰りは1階の店舗で、ぜひお店の名物「九十九餅」も買ってみてくださいね♪

生いちご

950円(税抜)

はじめて見ると「えっ!? 」とおどろいてしまうほどの断崖絶壁ぶり! そこにまるで滝のようにかかっているいちごシロップは、フレッシュさと濃厚な甘味と酸味が感じられます。いちごの果肉もたっぷり入っているので、生のいちごを食べているような気分になりますよ。これはいちご好きさんも大満足の至福のかき氷ですね♪

店舗情報

6. エアコンの効いていない店内で食べるかき氷「ひみつ堂」

Photo by Snapmart

ノスタルジックな雰囲気漂う、お散歩にもってこいの谷中銀座をちょっと横に入ったところにある小さなお店「ひみつ堂」。こちらはご店主自らが手削りするふわふわのかき氷を一年中楽しめます。使うシロップにもこだわり全部手作り。そのどれもがあまりに濃厚だと、大人気を博しているんですよ。店内はかき氷の冷たさを味わってほしいとの思いから冷房なし! 暑い中で食べる濃厚ふわふわかき氷は、ひと口食べたらとりこになる人続出です。

いちごみるく

Photo by Snapmart

1,300円(税抜)
見るからに濃厚そうな、とろみのあるいちごシロップがたっぷりかかっていて、それだけでおいしいのが約束されているようなビジュアル。ふわっとした口溶けにシロップのとろみがマッチした、珠玉のいちごかき氷です。甘味と酸味のバランスが絶妙で、甘い練乳のミルキーさとも相性ばつぐん。このひとつの器になんと約1パック分のいちごを使用しているため、シロップの濃さにはおどろかずにはいられないでしょう。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS