3. 京都宇治茶の名店が織りなす抹茶スイーツ「茶寮都路里 大丸東京店」

京都の宇治茶の名店として知られている「都路里」では、お茶本来のおいしさを堪能できるお抹茶スイーツが食べられます。「都路里」の代名詞ともいえるパフェやあんみつ、わらびもちなど、どれも匠の技を感じられる贅沢な味わい。東京には東京駅直結の大丸に店舗があり、濃厚で香りのよい宇治抹茶を使った珠玉のひと品を堪能できますよ。

特選都路里氷

1,404円(税込)

まんまるアイスが3つものった贅沢なこちらのかき氷。濃さの違う抹茶アイスに抹茶の寒天、そして抹茶のシロップと、正真正銘抹茶づくしです。そのお味はとにかく濃いのひと言! けれども香りがとってもよく、トッピングのアイスや小豆と一緒に食べるとちょうどよい塩梅になるんですよ。抹茶そのものを存分に堪能したい、という方におすすめです。

店舗情報

4. あなたはいくつ見つけられる? 「御菓子所ちもと」

都立大学にお店を構える有名な老舗和菓子屋さんである「ちもと」。竹に包まれたような「八雲もち」が特に人気で、そのほかにもひとつひとつ丹精に作られた和菓子たちを求めて、多くの方が足しげく通う名店です。まるで料亭のような上質な店内では、お茶と一緒に和菓子を楽しむこともOK♪ 思わずホっとするような体験を全身で感じてみてください。

かき氷(おかませ)

1,080円(税込) 

一見たっぷりの抹茶シロップと練乳がかかった、普通のかき氷。その正体はスプーンを入れると中からさまざまな和菓子がゴロゴロでてくるという、ユニークなひと品です。食べ進めるたびに新しい和菓子が顔をだし、気分はまるでお宝探し♪ 水羊羹や粒餡、寒天、白玉、栗の甘露煮など、どれも絶品なお菓子たちと一緒にほおばる抹茶かき氷は楽しさもおいしさもとびきりです。まだまだいろんな和菓子が隠れているので、ぜひ全種類見つけてみてください。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS