メロンよりも甘い!? 白いとうもろこし「ピュアホワイト」の味わいや食べ方

店頭でよく見かける黄色いとうもろこしよりも甘くてジューシーな白いとうもろこし「ピュアホワイト」をご存知ですか?生食ではもちろん、実はいろいろな料理にも使える万能野菜なんです!そこで今回はピュアホワイトの味わいや食べ方をご紹介します。

2019年6月27日 更新

バニラのようなやさしい色合い「バニラッシュ」

白いとうもろこしの中でも珍しいクリーム色のとうもろこし。粒が先端までぎっしり詰まっているので、見た目もすごくきれいです。最大の特徴は、粒の皮がとてもやわらかいこと。とても食べやすく、食べたあとも口の中に残らずスッキリとしています。

新触感「クリスピーホワイト」

これまでにないサクサクとした歯切れのよい軽い食感から「クリスピー」と名付けられた新食感のスイートコーン。糖度が16~20℃あり、白いトウモロコシの中でも甘みが強く、濃厚なのが特徴です。温かい地域では6月頃から、寒い地域でも9月上旬までは楽しめます。

白いとうもろこしの選び方と保存方法

おいしいとうもろこしを見抜く4つのポイント

1. 緑色が濃く鮮やかなものがおすすめ。また皮付きのものを買うようにしましょう。
2. 沢山付いてふさふさしているものがよいです。乾燥していないものを選びましょう。
3. 手で持ったときにずっしりと重みのあるものがジューシーで、おいしいです。
4. 粒の大きさがそろった、ハリのあるものが瑞々しいです。

上手な保存方法

おいしい状態を保つには、すぐにゆでるか蒸すのが鉄則です。冷めたらラップに包むか密封できる袋に入れて冷凍しましょう。

もちろん軸が付いたままでも問題ありませんが、実をはずして小分けして冷凍しておくとかさばらず、使い勝手もよいので便利です。常温おいしさが半減してしまうのでおすすめしません。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

srk_13

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう