7. 固めのグミが食べたいなら「ハリボー ハッピーコーラ」

ITEM

ハリボー ハッピーコーラ 100g×10個

100g×10個

¥1,716 ※2019年06月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ちょっと固めの弾力を楽しみたいならハリボーがおすすめ。しっかりとした噛み心地が満腹感を与えてくれて、少量でも小腹を満たすことができます。そんなハリボーは、コーラ味が特に人気のフレーバー。甘いのにどこかさわやかな味わいが口に広がり、誰でも親しみやすいグミですよ。

8. むっちむち食感がやみつき「むっちりグミ 乳酸菌ドリンク 」

ITEM

味覚糖 むっちりグミ 乳酸菌ドリンク 100g×10袋

100g×10袋

¥1,758 ※2019年06月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

やわらかい? 固い? いいえ、むっちりです! 独特のむっちり食感が特徴のむっちりグミは1度食べるとハマる人続出。乳酸菌ドリンク味と、みんな大好きな味なのも人気の秘訣です。やさしく甘い味わいに、このグミだけで楽しめる食感はグミ通も認めたほど。たっぷり100g入りとお腹も大満足のひと品です。

【飴系】甘いお菓子のおすすめ4選

9. リッチな味わいを楽しめる「チェルシースカッチアソート」

ITEM

明治 チェルシースカッチアソート 93g×5袋

93g×5袋

¥750 ※2019年06月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

濃厚で上品な味わいがたまらない、チェルシーのアソートです。発酵バターの濃厚さが広がるバタースカッチ、ほのかな酸味がさわやかなヨーグルトスカッチ、コーヒーのほろ苦さが楽しめるコーヒースカッチの3種類入り。どれもとろけるようなおいしさのチェルシーは、いつもよりリッチな気分転換の手助けをしてくれますよ。

10. ひんやりミルキー「キシリクリスタル ミルクミントのど飴」

ITEM

春日井製菓 キシリクリスタル ミルクミントのど飴 71g×6袋

71g×6袋

¥825 ※2019年06月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ちょっと喉の調子が悪いなというときに舐めたいのど飴。キシリクリスタルはミントのキャンディでミルクのキャンディをサンドした、ミルキーなのに爽快感のある味が特徴です。口に入れるとひんやりとした感覚が広がり、リフレッシュにもピッタリ。ミルキーなミルクミントのほかにも、いろんなフルーツフレーバーがあるので、お好きな味をチョイスしてくださいね♪

11. 思わず机に置いておきたくなっちゃう♪ 「カベンディッシュ キャンディージャー」

ITEM

カベンディッシュ キャンディージャー 300g

300g

¥810 ※2019年06月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

透明なボトルからカラフルな飴が見えるのがとってもおしゃれ。思わずデスクに置いておきたくなるような、見た目もかわいらしいキャンディーです。リンゴやイチゴ、オレンジなどいろんなフルーツフレーバーが楽しめ、どれも瑞々しく濃い味わいが。ただ食べるだけでなく、どうせなら見た目も楽しめるものがほしいという人におすすめです。

12. ミルク系のソフトキャンディーといったら「ミルキー袋」

ITEM

不二家 ミルキー袋 120g×6袋

120g×6袋

¥930 ※2019年06月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

最後は「ミルキーはママの味」で有名なミルキーをご紹介。ミルクのおいしさを堪能できるミルキーは発売以来、幅広い年代に愛されているお菓子ですよね。濃厚な味わいは疲れたこころもほぐされそう。包み紙に書かれているペコちゃんマークを探したりと、遊びごころもくすぐるミルキーは、いつになってもふと食べたくなるひと品です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS