ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

おすすめは?ドライフルーツの選び方

ダイエット中なら砂糖不使用を

多くのドライフルーツで使用されている砂糖。フルーツの保存期間を長くしたり、食べやすくするための味付けとして用いられています。砂糖不使用のものもあるので、ダイエット中の方はそちらを選ぶようにしましょう。

素材にこだわるなら無添加やオーガニックを

ドライフルーツの見た目をよくするために使用される漂白剤や着色料、また保存料といった添加物はに抵抗がある人も多いですよね。そのまま口に入れても安心で安全な、素材にこだわったドライフルーツをお探しの場合は、オーガニック認証があるものや、成分表示に添加物の名前がないものを選びましょう。

甘さしっかりなら加糖のものを

普段あまりドライフルーツを食べない人や、今まで一切食べたことがないという人は、砂糖が使用されているものを選ぶと食べやすいですよ。加糖のドライフルーツはリメイクしやすいのも特徴。朝ごはんのヨーグルトに入れれば、余分な砂糖を使わずにその甘みだけでおいしく食べることができます。

砂糖不使用のおすすめドライフルーツ4選

1. 砂糖不使用&無添加のドライ・デーツ

ITEM

Date Crown(デーツクラウン)デーツ

内容量:500g

¥1,160 ※2019年05月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

日本ではあまり馴染みがない「ナツメヤシ」のドライフルーツ。欧米ではドライフルーツの中でも代表的なフルーツです。砂糖不使用で無添加。デーツの濃厚な甘みがぎゅっと詰まったひと品です。

2. 砂糖不使用、無添加、ノンオイルのドライ・ベリーミックス

ITEM

新鮮市場 藤本商店 「ドライフルーツ ビューティー ベリーミックス」

内容量:1kg

¥2,980 ※2019年05月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

砂糖や漂白剤、オイルが一切使われていないドライ・ベリーミックス。インカベリー、デーツ、イチジク、グリーンレーズン、レーズンといった5種類のフルーツが入っています。ヨーグルトに一夜漬けしていただくとおいしいですよ♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS