ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

即完売!話題の「カズチー」って?

Photo by muccinpurin

SNSで話題の「カズチー」ってご存知ですか?取り扱い店舗で入荷すると、即日完売もしくは個数制限がかかるほど人気のおつまみなんです。 話題の味を体験しようと探したところ、さすがの人気アイテム、売り切れ店ばかり。やっとの思いで確保できたカズチーの味をレポートします♪

燻製かずのこ×チーズ「カズチー」

Photo by muccinpurin

「カズチー」498円(税込)
カズチーが生まれたのは、北の大地北海道。数の子の親であるニシンの漁獲量が全国トップの北海道では、数の子を使った特産品が多く販売されています。 数の子といえば、お正月のおせちでしか見かけないほどの高級食材ですよね。そんな数の子と身近な食材・チーズを使って作られたのがカズチーです。チーズを組み合わせただけで、ぐっと身近な存在に感じませんか?

Photo by muccinpurin

しかも、カズチーのこだわりポイントは、数の子を一度燻製にしていること。生の数の子そのままでも塩辛くてあと引くおいしさなのに、燻製にしたらどんなにおいしいんでしょう……!とにかく、おつまみ感覚でお酒と合うのは間違いなさそうです。 ひと袋7個入りで、キャンディーのように個包装されています。これなら食べきれなくて傷んでしまう心配もなく、フレッシュな香りをキープしたまま保存できそうですね。 コインほどの大きさのチーズに、キラキラと輝く数の子が無数に閉じ込められているのが見えます。眺めているだけでもただただお酒が欲しくなる、なんて罪なおつまみなんでしょう。

パリポリ食感が止まらない!

Photo by muccinpurin

個包装から出してみると、珍味系の香りと燻製の香りが同時にふわり。あとからチーズの発酵した香りが追いかけてきて、食欲をそそる香りのオンパレード。食べる前から、すでにいい香りにノックアウトされ気味です。 試しに少しかじってみると、プチ…プチプチプチッ!奥歯で数の子のはじける音が心地よく、またひと口。数の子の塩味をチーズのまろやかさが中和して、おつまみとしては完璧なバランスです。 燻製の香りはそこまで強すぎず、ほんのりと感じる程度ですが、やはり燻製とチーズの相性はご存知の通り、最高です♪ これは、ビールが欲しくなります!

海苔で巻いて、磯の香りを楽しんで♪

Photo by muccinpurin

もちろん、そのままでもおいしいですが、この海苔のちょい足しが大正解のアレンジでした。カットした海苔でカズチーを挟み、そのままパクッとほおばると、まろやかなチーズの香り、海苔の風味、数の子の塩味が溶けあって、そのおいしさが最高潮に達します! このひとかけらでこんなに幸福感に浸れるなんて、カズチーが即完売になる理由もうなずけますね。

ブラックペッパーでスパイシーに!

Photo by muccinpurin

今度はブラックペッパーを挽いた簡単なアレンジで食べてみました。ブラックペッパーのピリリとした辛さが全体を引き締めてくれるので、これまたビールが進みそうな味に。 「夏らしく、大葉を巻いてもおいしそうだな」などとアレンジの想像を膨らませているうちに、最後のひとつを完食。手が止まらなくなる系のおつまみはいくつも食べてきましたが、このプチプチ食感と絶妙な風味はほかにない組み合わせ。いつのまにかその魅力にはまっていました。もっと食べたい……。

これ、ひと袋じゃ足りないおいしさ

Photo by muccinpurin

今回は個数制限があったため、あえなくひと袋だけの購入となりましたが、一度食べるとそのおいしさに味をしめ、手が止まらなくなることは必須。できることならいくつかストックしておくことを強くおすすめします。 数の子のパリポリ食感と濃厚なチーズの香りがクセになる、カズチー。話題の味をつまみに、冷たいビールなんていかがでしょう?
Photos:7枚
カズチー
カズチーとパッケージ
個包装になったカズチー
カズチー
のりを巻いたカズチー
ブラックペッパーをかけたカズチー
のりを巻いたカズチー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS