日本初上陸!ポーランド生まれの携帯用浄水ボトル「DAFI(ダフィ)」が遂に登場

手軽においしいお水が飲めるポーランド生まれの「DAFI(ダフィ)」携帯用浄水ボトルが、遂に日本に登場。カラフルなポーランドの街並みをイメージさせるデザインで、ファッションアイテムとしても注目されているのだとか!

2019年6月3日 更新

おいしいお水がいつでも飲める!? 「DAFI(ダフィ)」発売

「DAFI(ダフィ)」は、1981年にポーランドで生まれた家庭用浄水器ブランド。現在では世界33カ国以上で使用されています。

DAFI(ダフィ)携帯用浄水ボトルは、水道水を飲む瞬間に素早くろ過する機能を実現!スピーディーな浄水が可能なので、自宅だけでなく、オフィス、学校、スポーツジム等、様々なシーンでおいしいミネラルウォーターを飲むことができます。
近年、マイボトルの需要が増えつつある中で、より実用的でファッション性のある浄水ボトルが強く求められています。「DAFI(ダフィ)」はこのニーズに対応するため、ミント・スカイブルー・ピンク・ライム・レッド・グレー・ラベンダーの7色のカラーがラインナップ。

スポーツやキャンプ、野外フェスなどアクティブなシーンには鮮やかなビビットカラー、オフィスで使う際はシンプルなモノトーンカラーなど、様々なシーンに合わせてコーディネートが出来ます。別売りのキャップと組み合わせれば、カラーバリエーションがさらに広がります。

フィルター交換時には、次は何色にするかお洋服を選ぶ時のようにファッションの一つとして楽しめますよ。

携帯用浄水ボトル「DAFI(ダフィ)」の魅力

1.環境負荷が少ない
「DAFI(ダフィ) 携帯用浄水ボトル」は、ペットボトル入りのミネラルウォーターや他社製品と比べて環境負荷が少ない設計。本体に使われてる高品質なポーランド製の樹脂は耐久性があり、細かい傷もつきにくいので長く愛用することが可能。さらに同系統の浄水ボトルで唯一、破損する可能性が高いキャップ部分のみを取り替えられます。

2.BPA不使用
プラスチックの安定剤などに使われるBPA(ビスフェノールA)は、環境ホルモンとして健康への影響が懸念されています。欧米では、ラベルにBPA-freeと記載された商品も見かけられるようになりました。「DAFI(ダフィ) 携帯用浄水ボトル」は、ミネラルウォーターの安全性にこだわるユーザーにも満足してもらえるよう、BPAを使っていないのだとか。

3.フィルターの残留塩素の除去率が高い
「DAFI(ダフィ) 携帯用浄水ボトル」のフィルターは、JIS S 3201(日本工業規格による家庭用浄水器の試験方法)において81%以上の残留塩素除去率を実現。水道水の欠点であるカルキ臭を軽減しながらやわらかい口当たりの水が飲めることに加え、ミネラルなどの人体に有益な成分は従来通り摂取できます。

4.コスパが良い
コスパが良いのも「DAFI(ダフィ) 携帯用浄水ボトル」が注目される理由です。たった1個のフィルターでろ過できる水は500mlのペットボトル300本分!実勢価格1,590円なため(500mlタイプ、2019年5月現在)、500mlのミネラルウォーターが約5.3円で飲める計算になります。また、はじめからフィルターが1つ付属しているので、長く使うほど割安感が得られます。

5.軽量で扱いやすい
普段使いはもちろん、レジャーや旅行で使うなら持ち運びやすさが求められます。「DAFI(ダフィ) 携帯用浄水ボトル」は500mlタイプでわずか61g。卵1個分という他社をしのぐ軽量化を実現。中央がキュッとしまったフォルムは女性や子どもでも持ちやすく、落としたりするトラブルも軽減できます。

商品概要

DAFI(ダフィ)携帯用浄水ボトル
容量:300ml・500ml・700ml
定価:2,227円・2,475円・2,723円
本体重量:50g・61g・70g
カラー:ミント・スカイブルー・ピンク・ライム・レッド・グレー・ラベンダー

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう