【食レポ】駒沢大学の家系ラーメン「駒大商店」を食べてきた!

駒沢大学駅付近に人だかりがと思い覗いてみると、「駒大商店」というラーメン屋がオープンしており行列ができていた。看板には大きく"横浜家系"の文字。興味本位でわたしも並んで食べてみたので、その感想をまとめてみた。

2018年7月23日 更新

ライター : メシ五郎

グルメに関する事なんでも書いていきたいと思います。ラーメン、バル系、ビール、ワイン、和菓子が好き。どうぞ宜しくお願いします。

駒沢大学駅に新しいラーメン店を発見!

Photo by メシ五郎

2014年3月9日(日)、わたしの地元である駒沢大学駅周辺を散歩がてら歩いていると、西口周辺に人だかりができていた。何かと気になって見に行ってみると、ラーメン屋がオープンしているではないか! その名も、横浜家系ラーメン「駒大商店」。 駒沢大学駅の西口を出て左に、「駒大商店」はある。本当にすぐ側なので、ひと目で分かるだろう。画像は、側面の看板。

Photo by メシ五郎

"横浜家系ラーメン"というだけでこんなにも人が並ぶのかというほど、並んでいた。30分ほど待ったように思う。駒沢という街は、学生もファミリーも多い。 この辺りは「駒沢商店」のほかにも、さまざまなラーメン屋(特に家系)が軒を連ねている。激戦区と言っても過言ではない。

オープン日ならではの価格で堪能

Photo by メシ五郎

本日(2014年3月9日)はオープン日。看板を見て、テンションが上がってしまった。なんと、ラーメンが300円!9日、10日、11日の3日間は、ラーメン1杯が650円のところ300円らしい。大盛りは400円!とにかく安い! ちなみにオープン日ということもあり、回転を考えたのだろう。メニューが限られていた。 ・豚骨醤油 ・豚骨塩 ・そのほかトッピング 記憶の中では、この3つのみだった。 券売機の写真を撮り忘れてしまった申し訳ない。わたしは、豚骨醤油の大盛りと、無料だったのでライスも付けてもらった。

調味料と薬味で自分好みに

Photo by メシ五郎

ラーメンが来るまで、テーブルに何があるのかと見てみる。刻み生姜、ニンニク、豆板醤が並んでいた。あ、手前に家系では定番の玉ねぎみじん切りもあった。 これらの調味料や薬味で、自分好みに味を仕立てるというわけだ。

ついにお目当てのラーメン登場!

Photo by メシ五郎

注文から待つこと5分。ついに念願の「豚骨醤油」が運ばれてきた!大盛りにしたからか、迫力ダイナミックだぜ。 スープをまずはひと口。むむ!濃厚……しかし後味がさっぱりして、くどくない。これはイケる。そのあと、スープにひたした海苔をオンザライスし、わたしは麺をすすった。

Photo by メシ五郎

麺をすすると、わたしはもう家系の魔法にかかっていた。というか、無我夢中で食べ進め、ライスを撮影するのを忘れるくらい、一気にたいらげてしまったのであります。(反省) もちろん海苔はスープにひたしてオンザライスし、ほうれん草ももぐもぐ……好きだ。チャーシューは豚チャーシューで、ほろほろと口の中でほどよくとろける、噛みごたえもバッチリだ。

家系ラーメン、実食完了!

Photo by メシ五郎

画像がこれだけで申し訳ないですが、結論おいしかったー。感想としては、他店の家系ラーメンよりはさっぱりしている印象。店員さんがラーメンを持ってくる際に、「味が濃いとか薄いとかあったら言ってください」と言っていたので、言えば良かったのだろうか……。 また、リベンジすることにしよう。
※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。

店舗情報

■店舗名:横浜家系ラーメン 駒大商店 ■最寄駅:東急田園都市線 駒沢大学駅 西口から徒歩10秒 ■電話番号:03-5787-8809 ■営業時間:11:00~翌3:00 ■定休日:無休 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13166102/ ■公式HP:https://www.eak-ramen.jp/
▼都内のラーメンがアツい!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS