ミルクそのもの。カルディ「北海道焼きドーナツ」でシンプルの極みを味わう

揚げないドーナツとして数年前に大ヒットし、現在は定番になっている焼きドーナツ。カルディでも北海道の素材にこだわった「北海道焼きドーナツ」が登場しています。広大な大地で育った牛から絞った牛乳や、新鮮な卵を贅沢に使ったこだわりの焼きドーナツを実食レポートします。

2019年5月8日 更新

シンプルさにこだわった焼きドーナツ

焼きドーナツ

Photo by muccinpurin

カルディのなかでも、特に原材料や味にこだわって作られる「もへじ」シリーズ。オリジナルの調味料に注目が集まりがちですが、今回は「北海道焼きドーナツ」をご紹介します。

北海道の材料にこだわったという、焼きドーナツとはいったいどんな味なんでしょうか。

北海道の牛乳と卵を贅沢に使用!

焼きドーナツのパッケージ

Photo by muccinpurin

「北海道焼きドーナツ」127円(税込)

数年前の焼きドーナツブームによって、ドーナツ=揚げるの概念がなくなってから、コンビニやスーパーでも焼いたタイプをよく見かけるようになりました。

揚げたものに比べて、揚げ油を使わないことでカロリーを大幅にカットしたところが、焼きドーナツの一番大きな魅力でしょうか。

揚げると素材の風味が飛んでしまうため、不可能と思われたいちごやマンゴー味も、焼きドーナツなら再現できます。ドーナツの可能性を広げたと言えますね。
焼きドーナツのパッケージ

Photo by muccinpurin

もへじの焼きドーナツは、その商品名にもなっている通り、北海道の素材を使用。輸送技術が発達した今、関東やそのほかの地域でも北海道の素材が手に入るようになりました。

しかし、例えば牛乳であれば絞ってから殺菌、包装、流通と、やはり地元北海道に比べると、手元に届くまで時間がかかってしまうもの。それが北海道なら、絞ったその日や翌日にお菓子の材料として加工することも不可能ではないのです。

圧倒的なミルクの香り……!

皿にのったドーナツ

Photo by muccinpurin

さて、そんな北海道の牛乳と卵を使った焼きドーナツですが、見た目はいたってシンプルなドーナツ。見た目が白く、焼き色が付いていないのも焼きドーナツの大きな特徴ですね。

パッケージを開けてみると、卵と砂糖、乳製品が合わさった焼菓子ならではの香りがふわり。なかでも、ミルキーな香りが強く、まるで牛乳そのものの香りのようにしっかりと感じます。
袋から顔を出したドーナツ

Photo by muccinpurin

ひと口頬張ると、さらに広がる牛乳の香り。焼菓子史上、こんなにも牛乳の存在を意識したことはありません。

食べながらもミルクの主張を感じるのに、決して嫌味な味や香りがしないので、いつのまにかパクパク食べてしまいます。
半分に割ったドーナツ

Photo by muccinpurin

卵も濃厚すぎないので、乳製品の香りが引き立っているんだと思います。

「プレーン味だから、シンプルな味わいだろう」と油断していたんですが、シンプルだからこそ牛乳や卵の香りや味わいをしっかりと感じることができる、非常に満足度の高いドーナツでした。

究極のシンプルって、こういうこと

北海道焼きドーナツ

Photo by muccinpurin

シンプルはそっけないということではなく、シンプルだからこそ、こだわった素材のよさをしっかりと感じることができた「北海道焼きドーナツ」。

揚げていないのでしつこさもなく、コーヒーにも紅茶にも、もちろん牛乳との相性もよさそうな癒し系おやつでした。

商品情報

■商品名:北海道焼きドーナツ(プレーン)
■価格:127円(税込)
■内容量:1個(56g)
■カロリー:1個あたり304kcal
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので予めご了承ください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう