連載

【料理上手の器えらび vol.12】かよこさんの物語

「器」使いが素敵なインスタグラマー100人でつなぐリレー連載。お気に入りの器を選ぶ目、器とお料理のコーディネートが卓越している「料理上手」さんたち。今回は、細やかな器選びのセンスが長けているかよこさんが登場します。

2019年6月6日 更新

今日の料理上手さん

@km.rek さんのアイコン

@km.rek さん

器の組み合わせや細やかな技術で美しい食卓を築き上げるかよこさん。食卓写真だけでなく、家族のためにつくる彩り豊かなお弁当写真にもアイデアが詰まっており、フォロワーからの人気を集めている。

だから、やっぱり器が好き

副菜がたくさんのった和献立

Photo by @km.rek

ーー器を好きな理由や、器を使うことで起きる心の変化について教えてください。
「何段階かの喜びがあります。キッチンに立った時、今日はどの器を使おうか、どの器を合わせようか、器あわせの時間。

その日の天気、季節、行事に合わせて選ぶ時。作った料理を盛り付けた時に、美味しそうに仕上がった時。食卓に並べて、全体のバランスが取れていたと感じた時。食卓に集まった人たちから『わあ!おいしそう!』『早く食べたいー』と聞けた時。今日も楽しませてくれてありがとうと食器棚に片付ける時」

「器えらび」のこだわり、あれこれ

ーー「器えらび」のポイントを教えてください。
@km.rekさんの食卓写真

Photo by @km.rek

「かなり実用的な面で選んでいます。ハレの日の器以外は、同じものを1〜2枚ずつ。ですから基本的には、自分が使いやすい形と高さを把握し、それに合うものを選んでいます。

柄や色はよく使っている器と合うか、合う器がいくつか思いつくか。形や大きさは収納に困らないか。実際に使っている様子(食卓や料理)を想像できるかどうか。

盛り付けたあと片手で運ぶことが多いので、持ってみて厚みや重みは好みか、片手で持ち上げられるかどうか。なるべく悲しみたくないので、欠けやすい形をしていないかどうか。

ワンプレートでも一品でも使えたり、他の器とケンカしない色や柄、アクセントになる形か、飲み物から汁物、小鉢として使えるかなど応用しやすいかどうか。買い足す器は、丈夫でスタッキングしやすかったもの。

番外編として、人が集まった時の大きな器、木箱や重箱に合うかどうか」

わたしのお料理は、あなたに夢中

ーーお気に入りの器ブランド・器作家さんを教えてください。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

マカロニメイトニュース

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう