連載

【料理上手の器えらび vol.10】akiさんの物語

「器」使いが素敵なインスタグラマー100人でつなぐリレー連載。お気に入りの器を選ぶ目、器とお料理のコーディネートが卓越している「料理上手」さんたち。今回は小物や箸置きの使い方にも目が離せないakiさんが登場します。

2019年2月28日 更新

今日の料理上手さん

@akichamxxxさんのアイコン

@akichamxxxさん

食卓をランクアップさせる器づかいが魅力のakiさん。器だけでなくカトラリーや箸置き、小物を巧みに組み合わせ、洗練された空間を演出している。

だから、やっぱり器が好き

おかずとご飯、汁物がのった献立プレート

Photo by @akichamxxx

ーー器を好きな理由や、器を使うことで起きる心の変化について教えてください。

「日々仕事やら家事やら忙しい中で、なんの義務感もなく流れる時間がわたしにとっては日々の“器選び”のひとときかもしれません。お料理するのもお弁当を作るのも好きなのですが、日々時間に追われることが多いので、食卓に好きな器が並んでいるひとときは至福でしかなく、頑張ろうと活力湧く瞬間でもあります」

「器えらび」のこだわり、あれこれ

器に乗った天ぷらおろしそば

Photo by @akichamxxx

ーー「器えらび」のポイントを教えてください。

「器を購入するにあたって基本的に最初は一目惚れが多いと思います。器以外もそうなのですが『好き!』と思う物はひと目で心を奪われ頭から離れません。どうにもこうにもわがままな性格なもんで(笑)。

そのうえで触ったときの質感や大きさ、自分の食器棚にある器との相性で絞っていきます。何をのせたいか何を盛りたいかその風景がパシッと浮かんだときには、財布の紐がスルスルと緩んでいってますね」

わたしのお料理は、あなたに夢中

ーーお気に入りの器ブランド・器作家さんを教えてください。

伊藤聡信

さまざまなおかずがのった和ンプレート

Photo by @akichamxxx

「伊藤さんの器を初めて目の前で拝見したのは、2012年の京都の『木と根』という、器や日曜道具を扱ったお店での個展が最初でした。当初はInstagramで使われている方の色絵の器やレンゲの写真を拝見して 『どことなく中国のアンティークのような美しい器だなぁ』と興味を持っていた程度でしたが、初めて伺った個展でまんまと魅了されてしまい、帰る頃にはすっかり頭は伊藤さんワールド。その後これまでの穴を埋めるか如く、たくさんネット検索をして作品の画像を探したのを覚えています(笑)。

綺麗な花が描かれた色絵の器や銀彩、ハッとするほど美しい釉薬の黄色や赤や緑、アンティークのような印判のカッコよさ。様々な作風に今でも心揺さぶられています。そしてなによりも、日常のわたしの拙い料理もハレの日に出す御馳走も、変わらず華やかに演出してくれます。普段使いから特別な日まで欠かせない器ばかりです」
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

マカロニメイトニュース

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう