ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

「高カカオチョコレート」とは

高カカオチョコレートとは、具体的にどんなもののことを言うのでしょうか?定義を確認してみましょう。

高カカオチョコレートと普通のものでは、原料のカカオが含まれている割合が違います。普通のチョコレートのカカオ含有量は30~40%程度です。カカオが70%以上含まれているものが、高カカオチョコレートだと定義されています。

高カカオチョコレートには、カカオ由来のポリフェノールが豊富です。このポリフェノールの作用をもとに、健康維持に役立つことが期待されています。(※1,2)

高カカオチョコレートを食べるメリット

抗酸化作用による老化対策

前述したように、高カカオチョコレートにはカカオ由来のポリフェノールが多く含まれているというメリットがあります。ポリフェノールは抗酸化作用があり、体内で活性酸素を取り除くはたらきがある成分です。

活性酸素が細胞を傷つけると、シミやしわをはじめとする老化現象を引き起こすおそれがあります。そのため、ポリフェノールが豊富な高カカオチョコレートを食べると、老化対策につながりますよ。(※2,3)

血圧の上昇を抑える

カカオ由来のポリフェノールが豊富な高カカオチョコレートを継続して摂ると、血圧の上昇が抑えられることが明らかになっています。血圧が上がる原因はさまざまですが、そのひとつとして血管の壁に起こる炎症が挙げられます。

炎症によって血管が狭くなると、血圧が上昇しやすくなります。カカオ由来のポリフェノールを摂ると血管壁の炎症が軽くなり、血管が広がって血圧低下につながることが期待できますよ。(※4)

お通じがスムーズになる

高カカオチョコレートには、カカオ由来のたんぱく質であるカカオプロテインが多く含まれているというメリットがあります。カカオプロテインは消化されにくく、大腸まで到達する成分です。便の量を増やしたり、腸内の善玉菌を増やしたりする作用が期待されています。

実際に、高カカオチョコレートを食べると、排便の量や回数が増えることが明らかになっています。便秘気味の方にぴったりのチョコレートです。(※5)

食べ方によってはデメリットも。高カカオチョコレートの注意点

脂質やカフェインが多い

さまざまなメリットがある高カカオチョコレートですが、一般的なものより高脂質・高カロリーなので、食べ方に気を付けましょう。脂質を摂り過ぎると、体内に中性脂肪として蓄えられ、肥満につながるおそれが。

また、高カカオチョコレートを一般的なものと比べると、カフェインが約2.3~4倍ほど多いという特徴があります。カフェインを過剰摂取すると下痢やめまい、不眠などの体調不良を引き起こす場合があり、注意が必要です。(※1,6,7)

食べ方のポイント

高カカオチョコレートを食べる際は、一日に菓子や嗜好飲料などから摂ってよいカロリーである、200kcalを超えないようにすることがポイント。100gあたり602kcalの高カカオチョコレートの場合、一日に摂る量は30g程度が目安です。

なお、高カカオチョコレートのカロリーは製品によって異なります。栄養成分表示を確認して食べる量を決めてくださいね。また、カフェインの作用に敏感な方は、体調に注意しながら摂りましょう。(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ