東京で人気の絶品ブラジル料理店20選!食べ放題やランチも

東京は今や世界中の料理が味わえる美食の都ですが、ブラジル料理はまだそれほど一般的ではありませんね。その中でシュラスコは大きな塊肉を鉄串に刺して炙った素朴な伝統料理です。ディナーは食べ放題のお店が多いのですが、その魅力を存分に味わえるお店をエリア別にご紹介いたします。

2019年4月23日 更新

【東京駅周辺】東京で人気のブラジル料理店2選

1. バルバッコア クラシコ ~新丸ビル~

バルバッコアは、1990年にブラジルのサンパウロで創業したシュラスコ料理の専門店です。日本では都内に数店舗を展開し、ブラジル料理を代表するシュラスコをメインに絶大な人気を博しています。
シュラスコ

出典:r.gnavi.co.jp

シュラスコディナー 6,100円(税抜)

メインは何と言っても豪快な金串焼きで、食べ放題のシュラスコディナー。お肉の種類はさまざまな部位があり、和牛肉や豚肉、鶏肉、ラムや鴨肉もあります。しかも種類が豊富な季節のサラダバー付きです。おひとり様から予約可能で、6歳以上ならお子様連れも歓迎です。

店舗情報

2. Centro 1916 丸ノ内店

2006年の開店。ブラジル料理と言えばシュラスコが有名ですが、このお店では熟成肉を使った鉄板焼きの「ピッカーニャグリル」が看板メニューです。注文は500g~なので、グループ訪問がおすすめです。

ピッカーニャグリル 3,500円(税抜)

メニューはブラジル伝統料理のフェイジョアーダ(黒豆・牛豚肉・ソーセージ類の煮込み)や牛テールのやわらか煮のハバーダなど伝統的な料理や本格的な定番料理が多く、現地の味を東京で居ながらにして味わえます。
1 / 15

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう