桃の王様「川中島白桃」とは?味わいの特徴や人気の秘密を解説

川中島白桃(かわなかじまはくとう)という桃の品種を知っていますか?白桃の中でも人気が高く、有名デパートや専門店に並ぶほど、味も見た目も評価されています。そこで、今回は川中島白桃の特徴を詳しくご紹介します。通販で買えるお店もピックアップしているのでおうちで味わってみませんか?

2019年3月24日 更新

大きくて甘い!川中島白桃とは?

川中島白桃とは?

川中島白桃(かわなかじまはくとう)は、実が大きくて硬い白桃です。「早生種のあかつき」「晩生種の川中島白桃」と言われるほど人気が高い品種。現在100種類以上栽培されているといわれる桃のなかでも、全国で3番目に多く栽培されている品種として知られています。

川中島白桃が生まれた経緯

川中島白桃は、長野県長野市の川中島町の池田正元さんが昭和30年代に、ご自身の農園で桃の品種改良を進める過程で発見されました。

1961年(昭和36年)に「池田1号」として出荷が始まったとされていて、その後1977年(昭和52年)に現在の川中島白桃(かわなかじまはくとう)と命名されました。

川中島白桃の特徴

川中島白桃の見ためは?

皮は濃い紅色でうぶ毛が多いのが特徴です。「桃の王様」と評されるほど大きな実で、1玉が約250から300gほど。贈答用にしても見栄えがします。皮をむくと果肉は白く、種のまわりが真紅に色付いています。

ずっしりと重みがあってふっくらと丸いものがおいしいとされています。選ぶときの参考にしてくださいね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう