【エリア別】神戸で行きたい中華料理の名店9選!豚まんから高級中華まで

南京町で有名な神戸は中華料理店が多く、異国情緒あふれる港町として知られます。山手には異人館街や高級住宅地が広がるおしゃれな街で、中華料理が評判の名店を一番の繁華街である三宮と隣の元町、市内東端の東灘エリアに分けて、各3選ずつご紹介します。

2019年3月11日 更新

【東灘】おしゃれな文教地区の中華3選

7. 東灘を代表する名店「老虎菜本店」

阪神青木駅から北西へ徒歩17分ほど、剣交差点近くの住宅街に立つマンション1階にあります。木枠で縁どられた総ガラス張りのお店で、袖壁の小さなファサード看板が目印。上品でカジュアルな店内に、カウンターとテーブル席が17席だけのこぢんまりしたお店です。

名物料理!仔羊のキャレ 十三香粉炒め

2,500円(税抜)
ミシュランのビブグルマンにも選ばれた有名店で、四川や広東などの定番様式にとらわれない、創作系中華を得意とします。名物である骨付き仔羊肉の十三香粉炒めや、牛しゃぶ肉の四川激辛煮込みなど、ほかでは見られない独創的な料理を堪能できると人気のお店です。

店舗情報

8. 香港海鮮酒家「レイユームン」

JR住吉駅北口から北へ徒歩3分ほどのところ、古い角ビルの1階にある中華料理店です。建物の隅切り部分がエントランスで、青いテントひさしと小さな袖看板だけのシンプルな外観。上品な雰囲気のこぢんまりした店内に、半個室を含めてテーブル席が20席ほどあります。

伊勢志摩高級食材使用のディナー!龍鳳

10,800円(税サ込)
ソムリエ資格を持つ店主が作る洗練された香港料理と、豊富なワインの品揃えが評判のお店です。厳選された旬の海鮮を使用した各種メニューが自慢で、味わいはもちろんのこと、ビジュアルにもこだわったコース料理は、特に女性を中心に人気がありますよ♪

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS