【エリア別】神戸で行きたい中華料理の名店9選!豚まんから高級中華まで

南京町で有名な神戸は中華料理店が多く、異国情緒あふれる港町として知られます。山手には異人館街や高級住宅地が広がるおしゃれな街で、中華料理が評判の名店を一番の繁華街である三宮と隣の元町、市内東端の東灘エリアに分けて、各3選ずつご紹介します。

2019年3月11日 更新

5. ホテルオークラ神戸「桃花林」

地下鉄みなと元町駅2番出入口から南東へ徒歩10分ほど、ホテルオークラ神戸の3階にあります。金文字のファサード看板とメニューボードがあるだけのシンプルな入口で、ホテルのレストランらしい上品で洗練された店内に、個室を含めて計170席もある広いお店です。

メイン2品を選べるプレミアムランチ

3種前菜盛と春巻に2種飲茶、海老チリや餡かけやきそばなどのセット

出典:restaurant.ikyu.com

4,158円(税サ込)

神戸の地産食材をふんだんに使用した広東料理がおいしいお店で、一流ホテルの雰囲気を堪能しながら食事ができると評判。アラカルトからコースまであらゆる中華料理がいただけますが、お昼なら前菜から飲茶、メインが2品ついたこちらのランチセットがおすすめです。

店舗情報

6. 豚まんの発祥店「南京町老祥記」

南京町老祥記の外観

Photo by Snapmart

元町駅西口から南東へ徒歩4分ほどのところ、南京町広場西側にある4階建のお店で、金文字の壁面看板と赤いテント、赤いのれんの豚まん専門店です。店内へ入ると両側にイートイン用のテーブル席が16席ほど、その奥の広い厨房前にテイクアウトカウンターがあります。
4 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう