【エリア別】神戸で行きたい中華料理の名店9選!豚まんから高級中華まで

南京町で有名な神戸は中華料理店が多く、異国情緒あふれる港町として知られます。山手には異人館街や高級住宅地が広がるおしゃれな街で、中華料理が評判の名店を一番の繁華街である三宮と隣の元町、市内東端の東灘エリアに分けて、各3選ずつご紹介します。

2019年3月11日 更新

3. 個室完備の巨大老舗店「神仙閣」

神戸三宮駅西改札口から西へ徒歩7分ほど、コンクリート打ちっ放しのスタイリッシュな外観のビルで、7階建の建物内がすべてお店になっています。最上階にはチャペルも完備し、少人数の個室から大宴会場まである店内に、1,100席もあるたいへん大きなレストランです。

平日限定のお得ランチ!レディースコース

2,500円(税抜)
創業80年の歴史を誇る、神戸を代表する老舗中華料理店で、予約すれば2名からのランチでも個室利用が可能。平日限定のランチには3種類のコースがありますが、一番お手頃なプランでも、冷菜7種盛とふかひれスープ、メイン2品にご飯やデザートがつく充実ぶりですよ♪

店舗情報

【元町】異国情緒漂う町の中華料理3選

4. 本格中華からネギソバまで「順徳」

元町駅東口から北へ徒歩2分ほどのところ、細い通りからさらに入った路地裏に佇む2階建のお店です。2階の出窓と袖看板、黒いファサード看板が目印の中華料理店で、木目を基調としたシックな雰囲気の店内は1階と2階に分かれ、計80席ほどのテーブル席があります。

平日ランチの人気メニュー!ネギソバセット

750円(税込)
繊細な味わいの清湯スープのネギソバが名物メニューで、半炒飯付きのランチセットがある平日は、行列を覚悟しなければいけないほどの人気店です。一方で広東料理がおいしいことでも評判のお店で、夜はいろんなアラカルト料理を楽しむ人たちでいつも賑わっています。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS