お弁当作りのきっかけは?

「炊飯系フードユニットの『ごはん同盟』さんの書籍で見たお弁当がとてもおいしそうで、自分でも作り始めました。曲げわっぱは、amazonでメンズサイズを購入。レディースでは量が足りず、でもメンズサイズは食べきるのが大変です……」

7. 冬の定番、かす汁弁当

Photo by macaroni

最後は筆者であるわたくし。macaroniの企画ディレクターみかりんです。 関西出身だからか、実家ではよくかす汁が出てきていました。野菜やこんにゃくや鮭など、たっぷり具材が入っていて満足できるので、冬になるとよく大量に作って朝昼晩飽きずに食べ続けています。 炭水化物もほしいのでおにぎりも持参。ここ数年、健康に気を使うようになったので雑穀か玄米を混ぜてお米を炊いています。今日は生姜をたっぷり入れて炊いた、生姜土鍋ごはん。冬はとにかくなんでも生姜を入れまくり!

お弁当の頻度やこだわりは?

お弁当箱を集めるのが好きで、作るものによって使い分けています。今回のようにスープのときはスタンレー(STANLEY)の大容量スープジャー。500mlも入る上に、アウトドアブランドなので丈夫で保温効果も抜群! ふだんは秋田の老舗栗久の曲げわっぱ、食べる前に温めたい麺類や、冷やしておきたいサラダのときは無印良品の透明タッパを使っています。 小さい頃、お母さんが遠足のときだけキャラ弁のようなものを作ってくれていました。キャラクターものではなく、おにぎりをおでんに見立てて串を刺したものなど、いま思うと渋め(笑)。そのおかげかわかりませんが、お弁当は作るのも食べるのも大好きです。

みんなのお気に入りグッズを紹介

ゆでたまご好き必見「たまごのプッチン穴あけ器」

Photo by macaroni

「理性をなくしたら平気で3〜4個ゆで卵を食べてしまうくらいのゆで卵好きなんです。でもきれいに剥けないとテンションも下がるし舌触りも悪くなりますよね。そこでこの商品を発見。100円だから期待せず買ってみたら、いまではゆで卵生活には欠かせない一品です」 紹介:みーちゃん(お弁当 No.1)

定番モノは使える「シリコンカップ」

Photo by macaroni

「100均のセリアで売っていたものです。とにかく丈夫でゴミにもならず、何度も使えるのがいいですね。おかずを作るときは、このカップのサイズに合わせて用意するクセがつきました」 紹介:うしさん(お弁当 No.5)

集めるのが楽しい「お弁当包み」

Photo by macaroni

気づけばたくさん集まってきていた、お弁当包み。カマワヌ(KAMAWANU)が出している、おいしい風呂敷シリーズは以前macaroniでも取り上げたことのある人気商品。写真の栗柄や米粒柄など、いろんな食材をモチーフにしていて女性人気抜群です。その他にも、雑貨屋さんで買ったり友達にもらったハンカチもお弁当包みとして使っていて、お気に入りを使うとテンションが上がります。 紹介:みかりん(お弁当 No.7)
Photos:13枚
5つのお弁当箱が並んでいる
曲げわっぱの弁当をもっている様子
ナポリタンとオムレツが入ったアルミの弁当箱を持っている様子
ジップロックのタッパに入ったガパオライスを持っている
鮭やたまご焼き、ごはんに桜が乗ったわっぱ弁当
角煮が乗ったご飯が入った、プラスチックのお弁当箱をもっている
鶏そぼろ、インゲン、たまごの三色わっぱ弁当を持っている
スープジャーに入ったかす汁と、おにぎりが2つ
オレンジ色のプッチン穴あけ器
あか、ピンク、水色のシリコンカップ
畳まれたいろんな柄の風呂敷
カルディの花椒塩をテーブルに置いている
5種類のお弁当箱が並んでいる様子
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ