ライター : macaroni 編集部レポート

macaroni 編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni 編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

コーヒーの可能性を広げる新作ビバレッジが登場!

Photo by macaroni

スターバックスファンにとって楽しみな新スポット「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」が2019年2月28日(木)にグランドオープンを迎えます!これまで日本国内のスタバでは海外で焙煎された豆を使っていましたが、今後はこのリザーブ® ロースタリー東京で焙煎されたコーヒー豆を使用していくとのこと。さらに魅力的なコーヒーをスタバで楽しめそうです。 スタバの新作ビバレッジ「クラフテッド コーヒー ジェリー フラペチーノ®」が登場するのは、そんな「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」のグランドオープンと同日。“コーヒーの可能性をどこまでも広げる新体験”ができるとのことですが、一体どのようなビバレッジなのでしょうか?

あらゆる方法でコーヒーを堪能できる特別な1杯

Photo by macaroni

クラフテッド コーヒー ジェリー フラペチーノ®は、ホイップ、ベースのフラペチーノ、コーヒージェリーなど、このビバレッジを構成する要素のすべてにコーヒーを使用しています。それぞれの素材ごとに、異なるコーヒーの魅力を込めたんだとか。

Photo by macaroni

まずはコーヒーホイップクリーム。コーヒーチェリーの果肉と外皮から作ったカスカラシュガーがトッピングされています。ほんのりコーヒーの苦味を感じるホイップに、カリッとした食感で優しい甘さのカスカラシュガーが混ざり、食感と味覚のコントラストを感じられます。 このホイップはほかのビバレッジにもトッピング可能。商品開発担当の東さんによると、「チョコレート系のフラペチーノ、キャラメルフラペチーノとの相性が良く、おすすめです」とのこと。いろんなカスタマイズを試してみたいですね!

Photo by macaroni

ベースのフラペチーノ®は、コーヒーのビターな風味がしっかり効いていますが、ミルキーな口当たりでマイルドな味わいに仕上がっています。コーヒーのフルーティさと香ばしい苦味が損なわれないように、抽出仕立てのエスプレッソを急冷して作っているそうです。

Photo by macaroni

特にこだわりを込めて作ったというコーヒージェリー。スターバックスラテや、カフェモカなど、すべてのエスプレッソドリンクのベースである「エスプレッソ ロースト」を、風味が損なわれないうちにジェリーにしたということで、焙煎直後の香りと苦味がそのまま閉じ込められています。 カスカラシュガーをトッピングしたホイップ、エスプレッソを急冷して作ったフラペチーノ、コーヒーの風味を閉じ込めたコーヒージェリー。少しかき混ぜて飲むことで、それぞれに異なる形でコーヒーの魅力が詰まっているということを感じました。

コーヒー好きにはたまらない!

Photo by macaroni

「邪道では?」と思うコーヒー好きも少なからずいるかもしれません。ですが、コーヒーならではの風味や苦味、豆のフルーティさはしっかり感じられます。コーヒーに砂糖は欠かせない!という甘党さんにはシロップ追加がおすすめです。 普通にドリップして飲むコーヒーとは異なり、スターバックスらしい提案でコーヒーの可能性を広げてくれる特別なビバレッジ。これからスターバックスから発信されていく新たなコーヒー文化に期待を抱かせてくれました。スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京のオープンを祝って、新作ビバレッジで乾杯しませんか?

商品概要

クラフテッド コーヒー ジェリー フラペチーノ® 価格:590円(税抜)※Tallサイズのみ 販売期間:2019年2月28日(木)〜2019年3月19日(火) 取り扱い店舗:全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く) ※なくなり次第終了
文、写真/田上 大輝(macaroni編集部) ※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ