ライター : macaroni_review

みんなの「気になる」グルメをmacaroni編集部スタッフが実際に食べて、おすすめのものだけ紹介していくmacaroniレビューのアカウントです。新発売のコンビニスイーツや日本初上陸グルメ…もっとみる

かわいすぎる人形焼が話題の的に

Photo by macaroni

「ベアケーキ」の帯が巻かれたパッケージを開けると…。

Photo by macaroni

かわいいクマたちが整列している……!! この悶絶級のかわいさを武器に、女性のハートを狙い撃ちするクマの人形焼き。その名も「ベアケーキ」。百貨店での催事販売でしか手に入らないということもあり、ベアケーキほしさに毎回長蛇の列ができているといいます。 先日、都内の催事イベントで販売するという情報を聞きつけ、行列に並んできました。噂通りの人気ぶりでしたがなんとかゲット!かわいらしいクマさんたちをご紹介します。

それぞれ微妙に違う表情がさらにかわいい!

Photo by macaroni

ベアケーキを販売している「ベアホリック」は、直訳すると“クマ中毒”という意味で、クマをモチーフにしたフードやグッズでテディベアを愛する人たちに親しまれています。 看板商品のベアケーキは、1ケースにひと口サイズのクマさんが15匹入っています。 生地の膨らみ方によってわずかに表情が異なるように見え、人相ならぬ“クマ相”から「こいつはやんちゃだよね〜」「この子は生徒会長っぽいいい姿勢してる!」と、編集部では妄想トークで盛り上がりました。人形遊びをしたり、自分と似ているクマを探したり、みんなでシェアして楽しむのがおすすめです。

かわいいだけじゃない。素朴な甘さが◎

Photo by macaroni

ベアホリックのスタッフ・恒木さんによると「栄養価の高い『こだわり卵』と良質な天然ハチミツを使って焼き上げています」とのこと。 生地はもちもちとして、ひと口食べると卵のコクがしっかり感じられて天然ハチミツによる素朴な甘さがあります。かわいらしい見た目ばかりでなく、おいしさもしっかり追求されています。定番のバニラ味に加え、季節のフレーバーや限定フレーバーに出会えることもあるので、公式サイトで事前にチェックしておくことをおすすめします。 おうちで食べるならラップをかけて30秒ほど(500W〜600W)温めるのがおすすめです。

トッピングとしてアレンジ!

Photo by macaroni

かわいらしい見た目なので、ほかのスイーツにトッピングしたらいいかも!ということで、カップアイスに添えてみました。 ちょっとぽっちゃり目なクマ男さんと小顔のクマ子さんの間に、ハートの形に飾り切りしたいちごを置いて完成。2匹の間に愛が芽生える瞬間を妄想して作ってみたのですが、いかがでしょうか。 Instagramでは、ほかのアレンジ方法として溶かしたチョコレートにベアケーキを顔の下までディップして、チョコレートの洋服を着させてあげるアイデアも見かけました。「#ベアケーキ」で調べて気になるアレンジを真似してみてください。

愛しさを感じずにはいられない…!

Photo by macaroni

クマ美ちゃん(左・仮名)とクマ太郎くん(右・仮名)
見て癒され、食べておいしいベアケーキ。愛くるしさ全開の姿に、編集部の女性メンバー全員うっとり…。上の写真のクマ太郎くん(仮)は、「おいしいから食べてみ?」と、どこか促しているような気もしませんか? 催事出店場所や、販売するベアケーキのフレーバーの情報は公式サイトで確認できます。キュートな見た目に少しでも心を動かされた方は、ぜひ買いに行ってみてください。

商品概要

ベアホリック「ベアケーキ(BEARCAKE)」 販売元:ベアホリック(BEAR HOLIC) 価格:630円(税抜) 賞味期限:購入から常温で翌日まで
文、写真/田上 大輝(macaroni編集部) ※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
Photos:6枚
ベアホリックの帯が巻かれたパッケージ
パッケージに入って整列しているベアケーキ
お皿の上で直立したベアケーキ
手に持ったベアケーキ
カップアイスにベアケーキといちごを添えた様子
直立したベアケーキと、その後ろにパッケージとアイスカップが並んでいる様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS