日本人好み!現地で食べたい絶品ベトナム料理16選

東南アジアに位置する美食の国としても知られる、ベトナム。日本人にも食べやすいやさしい味付け、お肉とお野菜のバランスがいいお料理がたくさんあります!南部や北部で味付け、名前が違う料理があるので、これからベトナムへ行くという人は今回の記事を参考にオーダーしてみてください♪

2019年2月21日 更新

ベトナム料理の基礎知識

私たちと同じアジアに位置するベトナム。ベトナム料理はいわゆる「エスニック料理」ほど濃く難解な味付けではなく、油っぽくもないことから、日本人の口にもよく合うお料理と言われています。

とはいえ、フランスパンやハムなどの洋風の食材から、バジルやレモンバームなどのハーブもたくさん使うお料理は、私たちのものとは似て非なるもの。歴史上、ベトナムを統治していた中国やフランスの食文化の影響を多く受けていると言われています。

ベトナムのおすすめ麺料理4選

1. ベトナム料理の定番「フォー」

フォーとは、平たい米粉麺のことを指します。1日3食フォーを食べるという人もいるほど、生活に密着したローカルフードです。基本のスープはあっさりとした味付けが特徴ですが、北部や南部といった場所によって味付けは異なります。また、スープに入ったアレンジ以外にも、炒めたものや揚げたものもあります。

2. ベトナム風つけ麺「ブンチャー」

ベトナム・ハノイのお料理「ブンチャー」。香草、つけだれ、ブン(麺)がセットになったお料理。付け合わせのお野菜のなかには紫蘇、バジル、ミントなど溢れんばかりの風味のオンパレード!ハノイ、ホーチミンで味付けは変わってきますが、一度食べたらやみつきになること間違いなしのひと品です。

3. ダナンの名物麺料理「ミークアン」

ミークワン

Photo by Snapmart

ダナンの名物料理「ミークアン」。日本では汁なし麺と言われることが多いですが、少しだけお汁も入っていることから汁麺の食感に似ています。ベトナムでは、お出汁の効いた汁にミークワン用の米粉麺、エビや牛肉、ピーナッツやコマせんべいなどをのせて、好きにアレンジされるそうです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう