主菜からデザートまで!ひな祭りのおすすめ献立案5選

もうすぐひな祭りがやってきますね。当日は腕によりをかけて華やかな料理を作ろうと意気込んでいる人も多いはず。しかし献立がなかなか決まらない、何を作っていいかわからない、と献立迷子さんになっていませんか? 今回はメインからデザートまで献立案を5つご紹介します◎

2019年1月27日 更新

【子供がよろこぶ】ひな祭りの献立案

<主菜・主食>(おひなさま手まり寿司)

手まり寿司に顔をつけ、まるい形を活かしたこちらのレシピ。きゅうりとスモークサーモンでお洋服を着せてあげれば、かわいらしいおだいり様とおひな様の完成です♪ ご飯をまるめたり顔を作ったりと、お子さんがお手伝いできる工程もあるので一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

<副菜>(菱餅みたいな3色ポテトサラダ)

こちらのポテトサラダはピンク、白、緑の菱餅カラーをイメージしてあります。色はゆかりとほうれん草を混ぜこむだけ。あとはセルクルに順番に重ねていけば、きれいな層ができますよ◎ 最後にスモークサーモンやイクラでデコレーションすれば、より見栄えがよくなります。

<汁物>(手毬麩菜の花入り蛤のお吸い物)

蛤のお吸い物というと淡泊な見た目が思い浮かぶのではないでしょうか? でも毛毬麩を入れるとパッとかわらしく大変身◎ コロンとしてカラフルな柄のある毛毬麩は小さい子の目を引くこと間違いなし。菜の花も加えると彩り豊かなお吸い物になりますよ。

<デザート>(混ぜるだけ! 3色豆乳ヨーグルトババロア)

デザートは混ぜるだけの3色ババロアはいかがでしょう。市販の豆乳とヨーグルトなどを混ぜて固めればいいだけなのでとっても簡単◎ それなのにコクがあって大人も子供もきっと気に入るはずです。上にのせるマシュマロのおひな様たちの顔は、チョコペンでかわいく書いてあげましょう♪

【おもてなしにおすすめ】ひな祭りの献立案

<主菜・主食>(彩りちらし寿司)

普通のちらし寿司では華やかさが足りない! そんなときにおすすめなのがこちらのレシピです。タラやイクラ、菜の花をふんだんにのせた豪華なひと品。ちらし寿司もイチから作るのでちょっと手間はかかりますが、完成したときの達成感はばっちり◎ おもてなしにもピッタリです。

<副菜>(ひな祭りポテトサラダ)

これひとつで主役になれるくらい彩り豊かな副菜♪ 錦糸たまごやアボカド、トマトといった色んな色の具材で華やかに盛りつけましょう。中のポテトサラダはコンソメとベーコンの旨味が効いたやさしい味わい。マヨネーズを温かいうちに混ぜることが、味をまろやかに仕上げるポイントです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS