【2020版】日本初上陸ショコラ!高島屋「アムール・デュ・ショコラ」食べくらべ

毎年大人気のバレンタインイベント高島屋の ”ショコラの祭典”「アムール・デュ・ショコラ」。日本初上陸、高島屋限定コラボ商品など2020年のバレンタインは魅力的なショコラがたくさん!自分へのご褒美に、大切な人へ通販から予約して買うことも♪ 絶対に食べたい注目商品を紹介していきます!

2020年1月20日 更新

2020年も開催!高島屋のショコラの祭典「アムール・デュ・ショコラ」

アムールデュショコラのロゴ

Photo by china0515

毎年大人気の髙島屋のショコラの祭典「アムール・デュ・ショコラ」。2020年1月22日(水)から髙島屋各店で開催。100以上のブランドが集うバレンタインイベントです。

令和初バレンタイン!今年のテーマは「驚き」と「楽しさ」

2020年の「アムール・デュ・ショコラ」は「驚き」と「楽しさ」がいっぱい!日本初上陸のショコラブランドや髙島屋限定コラボ商品、なんとオリジナルパフェが作れる体験型スイーツまで登場します。

日本初上陸ショコラブランド

1. ジュリアン・デシュノ(フランス/パリ)

チョコレート上から

Photo by china0515

ジュリアン・デシュノシェフ正面から

Photo by china0515

ジュリアン・デシュノ氏

まず注目すべきは、日本初上陸の「ジュリアン・デシュノ」。フランスの有名ショコラトリーでトップシェフを務めたジュリアン・デシュノ氏が手がけるブランドです。

ナッツの産地にこだわり、自店舗でローストした香ばしく、香りのいいプラリネ。そんなショコラを、日本でいただける日がついにきました!

※プラリネとは……ローストしたナッツに砂糖を焦がしてキャラメリゼしたものをローラーでペースト状にしたもの。また、それを中身に入れたチョコレート全体のことをいいます。
チョコレート開封後

Photo by china0515

プラリネアソート(左)/3,240円(税込)、カカオニブドラジェ(右)/3,024円(税込)

プラリネアソートには、ピエモンテ産のヘーゼルナッツがまるまるひと粒入ったプラリネも。こだわりの詰まったプラリネは、砕いたナッツの粒が残ったじゃりじゃりとした食感で同時に繊細さも伝わってきます。

カカオニブドラジェはカカオニブの苦みをミルクチョコレート、紫芋パウダーでコーティングした珍しいショコラです。

2. ヴァンサン・ヴァレ(フランス/ロワール地方)

チョコレート開封後

Photo by china0515

ビッグハートチョコ/1,674円(税込)

ヴァレ氏は27歳という若さでワールドチョコレートマスターズ2015で優勝。クランベリーのプラリネとストロベリー&ミントのキャラメルは本店でも人気のショコラです。
チョコレート開封後

Photo by china0515

キャラメルドームアソート/3,672円(税込)

ビッグハートには大きなハート型のチョコレートの真ん中にラズベリーのキャラメルドームを入れた印象強いひと箱。

代表作のキャラメルドームは、フレッシュフルーツを使用したガナッシュにヴァレ氏が親指で描いた模様が美しいひと粒で、その美しさに見とれてしまいます。口どけがよく、フルーツの香りが鼻から抜け癒されます。

3. ジンジャー・エリザベス(アメリカ/サクラメント)

チョコレート開封後

Photo by china0515

カリフォルニアセレクション/2,592円(税込)

3人の母、女性ならではの子どもにもやさしい素材を使いショコラを作るショコラティエール。アメリカサンフランシスコに店舗を持ち、そこから近いサクラメントにラボと店舗も構えます。

約30種類のボンボンショコラに使うミルクやフルーツ、ナッツは北カリフォルニアの契約農家から仕入れ地元の素材で仕上げています。

ひと粒ずつハンドメイドが感じられる愛らしいショコラばかり。新鮮なフルーツを口の中で楽しめます。安心してお子さんや大切な方へプレゼントできそうですね。パッケージもかわいらしく女性にぴったりです♪

4. オー ドワ ド ジャン・バール(フランス/ダンケルク)

チョコレート開封後

Photo by china0515

ドワ ド ジャン・バール/1,620円(税込)

ベルギーとの国境に近いフランス、ダンケルクで1905年に創業。1958年に生みだされた「ドワ ド ジャン・バール」は、地方銘菓として人々に愛されています。

コーヒー風味のバタークリームにアーモンドとヘーゼルナッツ入りの生地ではさみ、チョコレートでコーティングされたチョコレート菓子。コーヒーの香りを感じながらサクサクと食感も楽しく、ついもうひとつ食べたくなってしまうようなひと品です。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部レポート

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう