日本初出店!ラルフローレンのカフェ「ラルフズ コーヒー」が表参道に

ラルフローレンといえば、アメリカントラディショナルの代名詞的な有名ブランド。実は世界各国でカフェも展開しているのですが、とうとう日本にもやってきました!今回は「ラルフズ コーヒー 表参道」の情報をいち早くお知らせします♪

2018年11月21日 更新

ラルフ ローレン 表参道旗艦店にカフェがオープン!

ラルフローレンの外観

Photo by ralphlauren

数多くのおしゃれなお店が並ぶ表参道でも、一際目を引く「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」。ここに11月22日(木)、日本で初となる「ラルフズ コーヒー表参道(Ralph's Coffee Omotesanndou)」がオープンします。
実は昨年、日本でもキッチンカータイプのカフェは期間限定で出店していましたが、今回満を持して店舗を構えることとなりました。
今回筆者は、オープンに先駆けて行われた試食会に潜入!気になる詳細をレポートします。

日本初「ラルフズコーヒー 表参道」

ラルフローレンカフェの店内

Photo by ralphlauren

ひと足踏み入れた瞬間に広がる、日常を忘れる空間。グリーンを基調とした店内は、洗練されているのに気取っておらず、ゆっくりとリラックスできます。床の幾何学模様とクリアなテーブルが特徴的で、どこを撮っても映える雰囲気です♪
ラルフローレンの内観

Photo by ralphlauren

内装を手掛けるデザイナーは世界中のラルフズ コーヒーのデザインを担当しているので、まるで本場のお店に足を運んだような気分になれますよ。

ビバレッジとフードも抜かりなし!

こだわりのビバレッジ

カップに入ったラテ

Photo by macaroni

※写真はラテです

今回いただいたのは「ラテ」と「Ralph's Drip Coffee」。店員さんいちおしのラテは、ミルキーな味わいでスイーツとの相性が抜群!シンプルなラテアートもおしゃれですね。

次におすすめされた「Ralph's Drip Coffee」は、流れるような舌触りと、苦みと酸味の絶妙なバランスが特徴。中南米産の100%オーガニックコーヒー豆を使っており、贅沢な気分を味わえます。

本場アメリカを思わせるケーキたち

店内のショーケース

Photo by macaroni

ラルフズ コーヒーは、スイーツやサンドイッチの品揃えも豊富。「ラルフズチョコレートケーキ」(税抜 950円)はかなり濃厚でしっとりしており、チョコレート好きにはたまらないケーキでした。本場アメリカを思わせるサイズ感で、満足度も100点!

「キャロットケーキ」(税抜 950円)はさっぱりしていて、甘すぎません。チーズクリームとの相性もよく、大人も楽しめるスイーツです。

パン好きも納得。本格サンドイッチ

器に盛られたサンドイッチ

Photo by macaroni

サンドイッチは税抜1,000円〜

サンドイッチもあるので、しっかりお食事をしたい人も安心。写真の「BLATサンド」はカリカリのベーコンともったりしたアボカドが、カンパーニュにはさまれています。

「クランベリーターキー」と「ハム&チーズ」もいただいたのですが、どれも満足度の高い仕上がり!「クランベリーターキー」は脂身の少ないチキンとクランベリーソースとの相性がよく、さっぱりしているのでペロリと完食できます。

「ハム&チーズ」はハムがたっぷり入っていてジューシー。芳醇なカマンベールチーズがほどよくとろけていて絶品でした。

どのサンドイッチも、シンプルなのにていねいに作り込まれている印象でした。これならパン好きも納得のおいしさですね。
ケーキを食べる女性

Photo by macaroni

このほかにも、ホットチョコレートや紅茶、レモネードなどもあります。フードもマフィンやブラウニーなどがあり、思わず目移りしてしまいそう。コーヒーは400円からと、背伸びのいらない価格帯です。ぜひ何度か通って、いろいろなものをオーダーしてみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Anna79

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう