甘くておいしい!タマネギ&新タマネギの賢い選び方と保存法

どんな料理にも大活躍のタマネギ。煮ても、焼いても、炒めても、甘くなって食べやすく大人気の野菜ですよね。今回は、失敗しないタマネギの選び方を「通年タマネギ」と「新タマネギ」の2通りのバージョンでご紹介します。

良質な「通年タマネギ」の見分け方&保存方法

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。
現在、主に出回っている通年タマネギは「黄タマネギ」という品種で、収穫後に乾燥させており、保存性が高いものです。

見分け方のポイント

良質なものは傷がなく、皮が乾燥していてツヤがあります。全体が固く締まっているものが良いでしょう。

形の特徴

球型に近いほど質が良いとされています。平らなものは熟しすぎているため、早く傷みがち。丸くて、重量感があるものがおすすめです。
保存は常温で、風通しの良い冷暗所に、洗濯カゴやネットに入れてつるしておけばOK。3~4カ月ほどもちます。夏場は傷みやすいので新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室へ。

良質な「新タマネギ」の見分け方&保存方法

新タマネギは通年タマネギに比べ、水分が多く、扁平な形で、柔らかいのが特徴です。生食にも適しているのですが、少々傷みやすいのが難点。

見分け方のポイント

良質なものを見分けるポイントとしては、重みがあって、皮にツヤのあるもの。カビなどが付着していないか、傷んでいる箇所がないかをチェックしましょう。
購入後はポリ袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存がおすすめです。

おまけ:サラダにも使える紫タマネギ・白タマネギ

これはおまけ情報ですが、新タマネギの他にも、サラダなどに使える生食向きのタマネギがあります。紫タマネギの「アーリーレッド」や「湘南レッド」、白タマネギの「真白(ましろ)」などは、いずれも辛味が少なく、見た目の色もキレイ。機会があればぜひ食卓に加えてみてください。

最後に

タマネギと一言で言っても、良質なタマネギの選び方は種類によって異なります。とくに、新タマネギだからこそ楽しめる食べ方があります!生のままスライスして、サラダにしてもおいしいです。鮮度の良い良質なものを選んで、旬の味わいを家族みんなでじっくり堪能したいですね。
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS