マッシュルームの旬と選び方

マッシュルームの旬は秋で、多く出回る時期は10月~12月頃です。日本では主に関東を中心に周年栽培されており、1年中購入することができます。新鮮なマッシュルームの見分け方は、カサが開いておらず締まっていて、表面がなめらかで肉厚なもの。また軸が太く短めで、カサの裏側のヒダが白いものを選びましょう。鮮度が落ちてくるとカサや軸が変色するのでチェックしてください。(※出典1)

おすすめの調理法・食べ方

マッシュルームを調理する際、加熱することで減少してしまうビタミンやミネラルもありますが、食物繊維は残ります。ビタミンやミネラルを無駄なく摂りたいということであればサラダなど生で、もしくは炒め物でさっと火を通して食べるのがおすすめです。 収穫後、3~4日位までの新鮮なマッシュルームなら、薄くスライスして生で食べることもできます。カットした面が変色するのを防ぐには、レモンや酢をかけると良いでしょう。 マッシュルームは水で洗うと風味が損なわれますから、ふきんなどで軽く汚れを取る程度で十分です。 また、きのこの中でうま味が強いのはシイタケと思われがちですが、マッシュルームはシイタケの3倍のうま味成分が含まれています。よって、スープなどの煮込み料理にも最適です。 ホワイトシチューならホワイトマッシュルームを、ビーフシチューならブラウンマッシュルームを使うなど、色によって使い分けると良いでしょう。(※出典1)

おすすめマッシュルームレシピ5選

1. マッシュルームのサラダ

スライスしたマッシュルームは変色を防ぐためにレモン汁をかけておくのがポイント。忙しい時でも、ササッと作れて栄養バランスがアップする時短メニューです。

2. マッシュルームのスープ

マッシュルームの味や旨味を余すところなく味わえるメニューです。寒い季節、体を温めたい時にぴったりです。

3. ブラウンマッシュルームのセゴビア風

マッシュルームは、火を通し過ぎると水分が抜けてジューシーさに欠けるので、さっと火を通すのがポイント。にんにくとバターで誰もが大好きな味。材料や工程も少なくパパっと作れる時短メニューです。

4. マッシュルームソースチキンソテー

マッシュルームをソースとして味わうので、旨味や香りのアップした冷凍マッシュルームを使うと、より味わい深くなりおすすめです。変化を出したい時、彩りもキレイなのでお祝いやパーティなどのシーンでも使えるメニューです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ