名古屋コーチンの底力…!カルディ「鶏白湯鍋つゆ」はコクの底なしスープ

鶏ガラスープの鍋はわりと一般的ですが、"名古屋コーチン使用"の謳い文句に惹かれて購入したカルディの「鶏白湯鍋つゆ」。「鶏ガラスープならいつもの鍋と一緒でしょ…」なんて思っていたんですが、これが想像以上の味わいでした!

2018年11月1日 更新

鍋の王道「鶏白湯鍋」

白菜とにら ごぼうやにんじんと鶏団子などが入った土鍋と鶏白湯鍋スープのパッケージ

Photo by muccinpurin

締まった肉で旨みが強い「名古屋コーチン」。ブランド鶏としても知られる名古屋コーチンから取った白湯スープが、使いやすいストレートタイプの鍋つゆとして、カルディに登場していました。

「シンプルなベースに、アレンジもしやすそう!」ということで、さっそく購入。肌寒い今夜は、鶏白湯鍋にしましょう!

そもそも白湯って…?

鶏白湯鍋つゆのパッケージ

Photo by muccinpurin

「名古屋コーチンを使っているのはわかったけど、そもそも『白湯』って……?」と思った方も多いですよね。

白湯とは、スープの種類で、鶏ガラにしょうがや長ねぎなどを合わせて、じっくりと弱火で数時間煮込んだもの。一度ゆでた鶏ガラの血あいを丁寧に掃除して取り除いたり、長い時間かけてコトコト煮込んだりと、とても手間のかかったスープです。

こうして取られた白湯は、白く濁っていることから「白(パイ)湯(タン)」と呼ばれています。
ガラスのメジャーカップに入った鶏白湯スープ

Photo by muccinpurin

スープはさらっとした甘酒のような独特の乳白色。いかにも旨みが詰まっていそうな見た目です……。

パッケージの説明によると、名古屋コーチンから取ったガラスープが、0.3%ブレンドされているようです。
白菜とにら ごぼうやにんじんと鶏団子などが入った土鍋と鶏白湯鍋スープのパッケージ

Photo by muccinpurin

鶏ガラをベースに、しょうがやにんにくなどの香味系野菜をプラス。調味料は醤油と砂糖、塩ととてもシンプルです。それほど鶏ガラ自体の旨みがあるということでしょうか……これは楽しみです♪

白菜に長ねぎ、しめじに鶏団子などの野菜にスープを注ぎ、野菜全体がしんなりとするまで煮込んでいきます。ストレートタイプなので、そのまま使えてお手軽です。

コク深い鶏ガラの旨み!

煮込んだ鶏白湯鍋

Photo by muccinpurin

野菜がしんなりしてきたので、そろそろ食べごろです。まずはスープからひと口……。

口に入れた瞬間にコクが!「あの真っ白なスープにここまで詰まっているのか!? 」と不思議になるほどのコクです。しかも調味料は塩や醤油だけなのに……名古屋コーチンのポテンシャル恐るべしです。
レンゲですくった取り白湯鍋のスープ

Photo by muccinpurin

こちらがベースの白湯スープに野菜の旨みがプラスされた、最高のスープ。おいしいんですが先に言っておきますと「くれぐれもスープの飲みすぎに注意!」です。あとのお楽しみである、〆のためにスープを飲みたい気持ちをグッと抑えましょう。
小皿に取り分けた鶏白湯鍋

Photo by muccinpurin

鶏ガラスープと聞いてイメージしたのが、博多の水炊きやもつ鍋だったので、今回は具材にささがきにしたごぼうとにらを入れてみました。

これが大正解!ごぼうのほろ苦さやにらの強い香りが、濃いめの白湯スープのいいアクセントになりました。ぜひ入れることをおすすめします!

〆は鶏ガラスープのラーメンで!

鶏白湯鍋のスープで作ったラーメン

Photo by muccinpurin

お楽しみの〆ですが、ラーメンで決まりです!野菜の旨みが溶け込んで、パワーアップした白湯スープがしっかりと絡む縮れのかかった中太麺。そこにこしょうとラー油をプラスして、お腹いっぱいでもつるっと食べられる〆のラーメンの完成です!

このラーメンを味わうために、極力スープを残していただきたい……。そのくらい完成度の高いラーメンに仕上がります。ぜひお試しを!
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう