スープジャーってどう使うの?上手な選び方とおすすめ商品9選

保温性に優れ、お弁当に重宝するスープジャー。ここではスープジャーの失敗しない選び方やおすすめ商品、活用法などを詳しくご紹介していきます!あたたかいスープはもちろん、ごはんや麺、スイーツなどのレシピもありますよ。スープジャー選びの参考にぜひ!

2019年9月20日 更新

スープ

スープジャーという名前だけあって、スープ作りもラクラク。朝に固形スープの素と刻み野菜、ベーコンなどを入れて熱湯をそそげば、ランチにはおいしいスープができています。根菜など硬い食材は、レンジ加熱してから入れればOKです。

スープジャーに冷えたつけ汁を、別容器に麺類を入れておけば、暑い夏にひんやりつけ麺を食べられます。スープジャーに冷えた麺を入れ、凍らせたスープを別に持っていくというのもアリです。冬にはショートパスタを乾燥のまま加えて、スープパスタにしても◎

スイーツ・デザート

スープジャーの保冷機能で、プリンやゼリー、ヨーグルトなどのひんやりスイーツもおいしい状態で持ち運べます。職場やアウトドアで冷たいスイーツが食べられるなんて、うれしいですよね。フルーツをカットして入れるだけでも、立派なデザートに♪

スープジャーの上手な選び方

保温力で選ぶ

スープジャーのなかには、保温、保冷機能が弱いものもあるので要注意。保温力を重視したいなら、サーモスやスタンレーのものがオススメです。ほかのブランドでも、保温60℃前後、保冷12℃前後で6時間保てるものを選ぶと、朝に詰めた料理をランチまで適温に保てますよ。

お手入れのしやすさ

ステンレス製スープジャーは、長時間放置してしまうと汚れが落ちにくくなってしまいます。旅行や合宿などすぐに洗えない状況で使用するなら、セラミックコートしてあるものが便利。口径は7cm以上あると、洗いやすいですよ。本体は基本的に、食洗器では洗えません。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS