ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

ラーメン消費量日本一!山形ラーメンとは?

山形県といえば何が思い浮かびますか? さくらんぼや将棋のまちなどいろいろあると思いますが、実は県民ひとりあたりのラーメン消費量と店舗数が全国トップの県なんです! そう、山形県は言わずと知れたラーメン大国。 発祥は関東大震災の起こった1923年にさかのぼります。当時、被災した中国の人たちが移住し、屋台でラーメンを提供しはじめたことから広まっていったのだそう。

山形ラーメンの特徴

「山形ラーメン」の特徴は醤油ベースの澄んだスープ。麺は縮れ麺を使い、山形では「中華そば」と呼ばれることも多いです。 また、山形といえば蕎麦が有名ですね。山形では蕎麦屋さんがラーメンを提供していることは珍しくなく、レベルがどこも高い! なかにはメインの蕎麦よりラーメンの方が有名になっているお店もあるくらいなんです。

これが四天王!山形ラーメンの名店4選

1. 東の雄「八幡屋」

中華そば 500円(税抜)
山形市の住宅街にちょこんとある「八幡屋」。「八幡屋」には「ぬるめ中華そば」というちょっとおもしろいメニューがあります。このほか、普通の温かさのものと冷たいものがあり、味ではなく温度を選べるというユニークなお店なんです◎ その「中華そば」は、とてもきれいな黄金色をしたスープが特徴的。出汁に使用されている牛骨の旨味とコクが襲ってきます。どこかまろやかな印象を受けるくらいにマイルドなスープに合わさる麺も絶品です。

店舗情報

■店舗名:八幡屋 ■最寄駅:京成千原線ちはら台駅から徒歩20分 ■電話番号:023-623-8363 ■営業時間:10:30~15:00 ■定休日:火曜 ■禁煙・喫煙:完全禁煙

2. 西の雄「大沼食堂」

中華そば 550円(税抜)
東金井駅から車で15分と駅からはやや離れていますが、連日多くのお客さんが足を運ぶ「大沼食堂」。メニューはメインの「中華そば」のほかに、「みそラーメン」と「冷やし中華そば」のみ。中華そばに絶対の自信とこだわりを持った名店なんです。 黄金色の澄んだスープはあっさりとして、生姜の風味がアクセントになっています。スープを飲むと醤油の風味がやさしく広がり、どこかホッとする味。昔なつかしいかまぼこも、王道の具たちもそのやさしい味わいに絶妙にマッチ◎

店舗情報

■店舗名:大沼食堂 ■最寄駅:東金井駅から車で15分 ■電話番号:023-645-2455 ■営業時間:11:00~14:00(売り切れ次第終了) ■定休日:不定休 ■禁煙・喫煙:完全禁煙
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS