女子旅には欠かせないアフタヌーンティー

女性が集うと、ついついおしゃべりが弾みますよね。そんなときはアフタヌーンティーを楽しみながら、話に花を咲かせてみてはいかがですか? 倉敷では、近隣で獲れた旬のフルーツをはじめ、おいしいスイーツや食事をたっぷりと楽しめる「倉敷アフタヌーンティー」というイベントを夏と冬に設けています。夏場は桃やぶどう、冬場はいちごとあたたかいメニューが必ず入っていて、岡山を思いっきり味わえるように各店舗が考えているんですよ。

本格的なおやつと飲みもの、カフェ「coffee&more Scarecrow」

Photo by coffee&more Scarecrow

美観地区から5分ほど歩いた先にあるのは、カフェ「coffee&more Scarecrow(スケアクロウ)」。おふたりで営まれているため、大きな店舗ではないのですが、ふたりの人柄がにじみ出ているように、あたたかな時間が流れています。

Photo by macaroni

このお店を紹介してくれたのは、倉敷観光コンベンションビューローの池田さん。池田さんもここのアフタヌーンティーがお気に入りなんだとか。

Photo by macaroni

こちらのお店では、店内で焼き上げているさまざまなお菓子やスペシャリティコーヒー、フレーバーティーなどをいただけます。

Photo by macaroni

鶏ハムやサーモン、たっぷりの野菜が乗ったスモーブロー(オープンサンド)やビジソワーズなどの軽食は、あっさりとしているけれど味わい深く作られています。

Photo by macaroni

3種のケーキ(抹茶のガトーショコラ・桃のクラフティ・グレープフルーツのレアチーズ)や焼き菓子も店舗で作っているそう。素材の良さを生かして甘さを控えめにしているから、最後までおいしく食べられます♪ ひとつひとつ丁寧に作られた「coffee&more Scarecrow」のお菓子を食べたら、心も体もゆったりとして過ごせますよ。

Photo by macaroni

■店舗名:coffee&more Scarecrow(スケアクロウ) ■最寄駅:JR倉敷駅 徒歩16分 ■住所:岡山県倉敷市南町1-37 ■電話番号:090-9502-8895 ■営業時間:10:30〜21:00 ■定休日:不定休 ■公式WEBサイト:https://www.instagram.com/coffee_scarecrow/ 倉敷アフタヌーンティー:https://www.kurashiki-tabi.jp/campaign/tea2018/  (次回は2019年1月〜3月中旬まで開催)

「デニムの街」児島まで足を運んでみて

岡山県倉敷市といえば、少し電車で移動した先にある児島もおすすめ。倉敷駅から、JRや地元の路線バスを使えば、約1時間で児島駅周辺へ到着します。せっかく、のどかで穏やかな街に来たんですもの、街並みを眺めながらのんびりと目的地まで向かってみてはいかがでしょうか。

駅も街もデニムに染まる「児島駅」

Photo by macaroni

ぜひ児島駅へ着いたら、まわりを見渡してみて。「デニムの街」児島らしく、あたり一面デニムのモチーフが見られます。改札出口もデニム、ホームへ向かう階段には大きくデニムのペイントがされていてインスタ映え! ついつい写真を撮りたくなってしまいます♪

Photo by macaroni

駅のロータリーにもデニムが! 屋根から吊るされている様は圧巻ですよね。こんなにもデニムに囲まれているのは児島駅だけ。ぜひ、ぐるりと歩き回ってみてくださいね。

Photo by macaroni

■スポット名:JR 児島駅 ■住所:岡山県倉敷市児島駅前1丁目

デニムをたっぷり楽しめる「ベティスミス ジーンズミュージアム&ヴィレッジ」

Photo by macaroni

児島に来たらぜひ訪れたいのが「Betty Smith(ベティスミス)」。児島デニムの歴史を知れるミュージアムやショップのほかに、縫製工場も見学できるんです。かわいいマスコットBettyちゃんが目印のこちらにさっそく伺ってみました。

Photo by macaroni

まずは日本で初めて作られた「ジーンズミュージアム」。リーバイス社から提供された<501XX>の復刻モデルやジーンズの生産を始めた当初に使用していたミシンなど、とても貴重な資料を見学することができます。ここでしか見られない展示品も多数あるんですよ。

Photo by macaroni

2階では世界にひとつだけのオーダージーンズが作れるサロンが。生地はもちろんのこと、ボタン、リベット、ステッチなども好きなものを選んで、自分にフィットしたジーンズを作ることができます。

Photo by macaroni

丈夫なジーンズは長く着られるもの。オリジナルのジーンズができあがったら、大切に育てたくなりますよね♪

Photo by macaroni

既製サイズのジーンズも「Betty’s Store」や「ファクトリーアウトレット」で購入できます。「Betty’s Store」では新商品や定番商品をはじめとしたさまざまなアイテムを取りそろえていて、刺繍やワッペンなどをつけるカスタムもできるんですよ。

Photo by macaroni

一方「ファクトリーアウトレット」では、掘り出しものを見つけるチャンス! 規格外の商品をリーズナブルに取り扱っています。

Photo by macaroni

これだけジーンズに囲まれていると「自分で作ってみたい……」と思う方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが「体験工場」でできるジーンズ作り体験。実際に好きなジーンズに、ボタンやリベット、革パッチなどをつけて、オリジナルの1本を作ることができます。

Photo by macaroni

専用の機械や工具は、工場にいるスタッフさんが教えてくれるから、裁縫が苦手な方でも安心して挑戦できます。女性だと少し力がいりますが、自分で選んだボタンがついた瞬間は喜びもひとしおですよ!

Photo by macaroni

■店舗名:Betty Smith(ベティスミス) ■最寄駅:下電バス 常盤橋 徒歩5分 ■住所:岡山県倉敷市児島下の町5-2-70 ■電話番号:086-473-4460 ■営業時間:9:00〜18:00(縫製工場は〜17:00) ■定休日:年末年始 ■公式WEBサイト:http://betty.co.jp/

海と瀬戸大橋が目の前!絶景スポット「鷲羽山」

Photo by macaroni

児島駅まできたら、「鷲羽山(わしゅうざん)」まで足を運ぶのがおすすめ。児島駅から路線バスで40分ほどで到着します。日本初の国立公園として知られる瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地「鷲羽山」で楽しめるのは、瀬戸内の絶景!

Photo by 晴れらんまん。おかやま旅ネット

展望台からは瀬戸内海のきれいな海と瀬戸大橋を目前に見られます。天気が良い日は四国などの島々をクリアに見られるし、穏やかな時間が流れているから、ついつい時間を忘れて過ごしてしまいますよ。

Photo by macaroni

鷲羽山レストハウスでは、時々ワークショップも開催しています。 この日は倉敷発祥のマスキングテープ「mt」を使ってオリジナルの缶バッジを作れました。

Photo by macaroni

豊富な種類のマスキングテープから、自分の好みのものを選んでペタペタ。個性とセンスが問われる缶バッジ作りに真剣にはまってしまいました!

Photo by macaroni

■スポット名:鷲羽山(わしゅうざん) ■住所:岡山県倉敷市下津井田ノ浦
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ