7. 群馬県民のソウルフード「焼きまんじゅう」

これぞ群馬の誇るB級グルメ、郷土食。蒸して作ったおまんじゅうを竹串に刺し、甘い濃厚な味噌だれを塗ってこんがりと焼き上げた「焼きまんじゅう」。群馬県民にも古くからおやつとして楽しまれています。県内には「焼きまんじゅう」のお店がたくさんあり、誰もが知る群馬のソウルフードです。

8. 昔懐かしの駅弁「峠の釜めし」

1958年からJR信越線横川駅で販売されている、日本でも有名な駅弁「峠の釜めし」。益子焼の土釜に入っていて、目でも楽しめます。炊き込みごはんの上に、鶏肉、ごぼう、椎茸、筍、グリーンピース、栗、うずらの卵、杏といった具材が盛り付けられています。素朴な味わいで飽きることなく楽しめますよ。

9. 太い!「桐生のひもかわうどん」

群馬県桐生市のご当地グルメ「ひもかわうどん」。どうやって食べるの?と頭を抱えるほど幅太のビジュアルです。お店によっては、15cmも幅のあるうどんも。しかし、これがまたおいしいのです。強いコシとモチモチ感、圧倒的なうどんの存在感。一度食べたら生涯忘れられない味になること間違いなしです!

10. 水澤寺へ参拝に来たら「水沢うどん」

群馬県渋川市にある水澤寺の参拝道には「水沢うどん街道」と呼ばれるほど、水沢うどんのお店がずらりと並んでいます。太めの麺には、群馬の名山「榛名山(はるなさん)」の湧き水が使われていて、ツルンとしたのどごしの良さと弾力が特徴的。旅の思い出に、さまざまなうどん店で食べ比べをしてみるのもおすすめですよ。

11. 心も体も温まる「おっきりこみ」

群馬県の郷土料理といえば「おっきりこみ」。幅が広く平たい麺が特徴の、うどんによく似た料理です。うどんと違って下ゆでをせずに煮込むので、麺を打つときに使われる小麦粉のトロッとした食感を楽しむことができますよ。群馬県で採れる旬の食材がたっぷり入った「おっきりこみ」を、ぜひ味わってみてくださいね。

12. 太田市ご当地グルメ「太田焼きそば」

特徴的な太麺に吟味されたソース。「伝統の味」と「秘伝のソース」で、同じものは2つとしてない太田の焼きそば。太田市には、約80店の焼きそば店があります。こだわりソースを使った焼きそばを食べ歩いて、お好みの焼きそばを見つけてみるのも楽しいですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ