これぞ土佐の味!銀座「おきゃく」は東京一の高知料理の名店

東京で本物の高知料理を食べるなら銀座の「TOSA DINING おきゃく」ですね。料金はちょっとお高めですが、分厚いカツオのたたきやトロトロのうつぼの唐揚げなど、このクオリティの料理を提供するなら大いにありだと思います。

2014年10月6日 更新

ライター : イケダハヤト

プロブロガー

1986年神奈川県生まれ。2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職。と思いきや会社の経営が傾き、11ヶ月でベンチャー企業に転職。ソーシャルメディア活用のコ…もっとみる

東京では美味しい高知料理を食べられないと思いきや、「おきゃく」は違いました。

銀座で高知料理を堪能しよう

「TOSA DINING おきゃく」は高知県のアンテナショップが運営するレストラン。銀座のいい場所に店を構えています。
で、ここはさすが!ちゃんとカツオのたたきが分厚いんです。これぞ土佐の味。臭みもなく「東京でこんなたたきが食べられるのか!」と感銘を受けました。
お通しからこだわっており、こちらは特産の四方竹。
うつぼの唐揚げ!ここのうつぼはトロトロで美味しかったです。
鮎も!頭からかぶりつきました。
かつおの酒盗ピザ。はちみつを掛けて食べる創作料理です。めっちゃ美味しいんですよこれが。
これまた分厚い四万十ポーク。
〆はそうめん。四万十の青のりが乗っているんだと思います。
お酒の品揃えも完璧で、高知のすべての蔵元の地酒が楽しめるとのこと!高知県民にはたまらないお店ですね。
料金は少し高めで、がっつり食べて飲むと5,000〜6,000円程度です。このクオリティなら大いにありですねぇ。コース料理もあるとのこと。東京でお客さんと飲むときは「おきゃく」一択です。
高知の料理って、あんまり東京だと食べられるお店がないんですよねぇ。美味しいし珍しい食材てんこもりだし、出店すれば売れる気がするけどどうなんでしょ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS