「台湾ラーメン」の由来とは?名古屋のおすすめ店5選

みなさん、台湾ラーメンって知っていますか?名古屋のB級グルメでとても人気が高く、その味は辛いだけではなくうま味もたっぷり。今回は、そのルーツや元祖のお店などを紹介しながら、名古屋市内の人気店をご紹介しますよ。ぜひ、食べてみてくださいね♪

2019年8月28日 更新

名古屋グルメ「台湾ラーメン」とは

今や名古屋飯のひとつと言っても過言ではない「台湾ラーメン」。みなさん食べたことがありますか。その正体は豚ひき肉とニラ、もやしなどを唐辛子たっぷりに炒め、しょうゆベースの辛みのあるスープ麺に盛る独特のひと皿。

スープはあと味がさっぱりしていて、辛みのあとにやってくるほのかなあま味があとをひきます。

発祥は名古屋

台湾ラーメンが食べたくて台湾で探したけれど見つけられなかった!という声も名古屋ではよく聞きます。実はこの台湾ラーメン、名古屋発祥なのです。もとは今池に本店を構える「味仙」の店主、郭明優さんが考案したもの。

台湾で食べたタンツーメンを日本で再現しようと、にんにくや唐辛子などをたっぷり加えてアレンジしたものがはじまりだと言われています。

1. 元祖台湾ラーメン「味仙」

味仙のロゴが目印の外観

Photo by koku_koku

味仙は創業者のお子さんがあちこちに店舗を構えているので、それぞれ少しずつ味が違います。名古屋駅の太閤口にできた店舗は、今池店の直営店。

店舗の外観はおしゃれな雰囲気ですが店舗のロゴはおなじみのデザインで、人通りが多い名古屋駅構内でもぱっと目につきます。

名古屋名物 元祖 台湾ラーメン

ミンチがたっぷり盛られた台湾ラーメンは、小ぶりの丼に盛られて登場します。唐辛子が大量に入っていて衝撃のビジュアルですが、そこから漂うニンニクの香りが食欲を引き立てますよ。言うまでもなく非常に辛いのですが、あとからやってくるあま味も堪能あれ!
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう