ライター : mau_naka

調理師 / 漢方コーディネーター / 発酵食品マイスター

フードスペシャリスト・ふぐ取扱登録者・薬膳調整師・発酵食健康アドバイザー。男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及は止みません。なかなか好きなものを食べに出かけら…もっとみる

「ジンギスカン」とは?

ジンギスカンとは成羊肉の「マトン」や仔羊肉の「ラム」などを、ジンギスカン鍋で野菜と一緒に焼く料理です。

特徴のひとつが専用鍋。中央がドーム状で、中央の凸部には溝があります。独特の形状により肉汁が野菜にしみこみ、一層おいしく食べられるんですよ。

北海道の名物

ジンギスカン=北海道の名物料理、と言っても過言ではないくらい、地元の方や観光客によく食べられている料理です。実際、札幌市内にはジンギスカンの専門店がたくさんあります。

ジンギスカンが北海道に普及した理由のひとつは、札幌や月寒(つきさむ)などに開設された種羊場。種羊場は羊毛の国内自給をが主目的に開設された施設で、並行して羊肉の活用法も研究されていました。その過程でジンギスカンが誕生したとされています。

歴史

日本で羊肉が食べられるようになったのは、大正時代と言われています。ジンギスカンが誕生したのは昭和初期という説が。中華料理である羊の焼肉を元に考案されたとされています。

当時は北海道で食べられていたジンギスカンは、第二次世界大戦以降に一般家庭に広がっり、現在は全国各地の家庭で食べられるようになりました。

羊肉の特徴

産地

ジンギスカンに使われている羊肉のほとんどは、主にオーストラリアとニュージーランドからの輸入肉です。国産の羊肉を取り扱う店舗が増えているものの、まだ希少なんですよ。

種類

羊肉にはラムとマトン2種類があります。それぞれの定義や生産国によって違いますが、ラムは生後1年未満の仔羊を指すことが多いです。一方、マトンは生後1年以上の成長した羊肉を指しています。
Photos:5枚
ジンギスカン鍋で焼いたジンギスカンを箸でつまみ、たれにつける様子
青い平皿に盛られた塩ジンギスカン
すき焼き鍋に入ったダッカルビ風ジンギスカン
青い柄の入った皿に盛り付けた味付きジンギスカン唐揚げ
陶器に盛り付けた生ラムジンギスカン丼
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ