山脈とはまったく無関係!アンデスメロンの名前の由来と食べ頃の見分け方

スーパーや青果店で手軽に買える、庶民の味方アンデスメロン。今回はその名前の由来や選び方、プランターでかんたんに栽培する方法など、アンデスメロンにまつわる雑学をご紹介します。メロン好きな方や家庭菜園好きな方は、ぜひチェックしてください。

「アンデスメロン」とは?

アンデスメロンは表面に網目のある、ネット系メロンの一種です。甘味が強く、マスクメロンのような味と香りを楽しめます。「サカタのタネ」が1977年に開発した品種で、流通し始めたのはそう昔のことではないです。

ハウス栽培が中心となっていて、大きさも小ぶりであることから値段はお手頃。庶民のメロンとして親しまれています。

名前の由来や歴史

「アンデスメロン」というとアンデス地方原産なのかと思いがちですが、実はアンデス地方とは無関係。

病気に強い品種であるため生産者にとって安心、供給量が安定しているため安心して安く売れる、国産であるため消費者にとっても安心して食べられる、ということで最初は「アンシンデスメロン」と名づけられました。それが略されて「アンデスメロン」になったそうです。

マスクメロンとの違いは?

高級なマスクメロンは、1個のメロンに栄養をたっぷりといきわたらせるように、ひと株に1個しか実がならないようにほかの実を摘果して大切に育てられます。ムスクのような強い香りを放っているのが特徴。

一方、アンデスメロンは、ひと株から2〜4個収穫します。また外側の皮からは、香りがあまり感じられません。網目の盛りあがりは少なく、きめ細かいという特徴があります。

旬はいつなの?

アンデスメロンの主な産地

アンデスメロンは九州地方から北海道にかけて全国で生産されていますが、出荷量がもっとも多いのは茨城県で全体の半数以上を占めています。次いで、山形県、熊本県、北海道が多く出荷。東京でも少量ながら生産されているんですよ。

収穫時期

アンデスメロンは南から北にかけてリレー方式で順次収穫されているうえにハウスでも栽培されているので、1年中流通しています。もっとも流通量が多くなるのは、茨城県産が出回る6月。この時期には、1,000t以上ものアンデスメロンが出荷されます。

アンデスメロンの流通量は6月にピークを迎えますが、その前後の5月と7月にも多く出回っています。味や香りもこの頃に収穫されるものが一番おいしいそうですよ。茨城県では、この時期に1,000円ちょっとでメロン食べ放題を実施している農園も多いようです。

選び方のコツ

形や見た目

おいしいアンデスメロンを見分けるポイントは、きれいな丸みのある形をしていて、網目模様がきめ細かいものを選ぶことです。見て判断するだけでなく、持ってみたときにずっしりと重みを感じられるかどうかも大切な判断ポイント。

ただし、アンデスメロンはとても繊細なので、店に並んでいるものを選ぶ際にはそっと扱ってくださいね。

食べ頃の目安

アンデスメロンの食べごろを、素人が正確に判断するのは難しいようです。食べ頃の日付けを記載した、シールが貼ってあるものなら確実でしょう。青果店なら、お店の人に聞いてみると教えてくれますよ。

買い置きしたメロンの食べ頃を判断するには、お尻の部分を押してみて弾力がある状態がベストなようです。この場合にも、メロンを傷つけないようにそっと押してください。

どこで買えるの?

アンデスメロンはスーパーや青果店にも並んでいますが、自分へのご褒美やお中元、ギフトで利用するならお取り寄せするのがおすすめです。プロの目利きによる食べごろが示されてるものもあり、高級果物ならではの高品質なものを手に入れることができます。

楽天市場などの通販サイトを探せば、豊富な品ぞろえのなかから選ぶことができるので満足のいく品を見つけられますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS