前菜〜デザートまで!森と湖の国「フィンランド」の料理17選

豊かな自然に囲まれた北欧の国・フィンランド。日本ではあまり知られていませんが、この「森と湖の国」と呼ばれている国にはおいしい料理がたくさんあります。ここではフィンランド料理を17種類ピックアップ!気になる方はぜひご覧ください♪

フィンランド料理は素朴で魅力的

ノルウェーやスウェーデンといった北欧の国々の一番東に位置している国・フィンランド。オーロラをみることができたり、サンタクロース村があったり、ムーミンの生まれ故郷でもあったりする魅力的な国です。

その気候は四季がはっきりしていますが、南北に長い国土の3分の1が北極圏に属しているため、寒い期間が長く続くのが特徴。また、「森と湖の国」といわれるほど、豊かな自然に恵まれた国でもあります。

フィンランド料理の特徴

フィンランドでは長きにわたる狩猟の伝統があり、シカやウサギ、トナカイなどの肉が食べられてきました。

主食はライ麦や大麦などを使用したパンやオートミールなど。ベリーなどの果実やキノコを森に摘みにいって、それらを料理の食材にもしています。さらには、近海で水揚げされるサーモンやニシンを使った魚料理も◎

また、ヨーグルトなどの乳製品を多用するもの特徴のひとつです。

フィンランド料理の主食3選

1. ライ麦パン「ルイスレイパ」

「ルイスレイパ」は、ライ麦100パーセントで生地を発酵させて作るパン。フィンランドの国民食と言っていいような食べ物です。酸味が強いのが特徴的な味わいで、そのまま食べるよりバターや些細などと一緒に食べるのが一般的。とくに「穴の開いたパン」という意味の「レイカ・レイパ」というタイプが人気です。

2. 牛乳入り薄パン「マイトリエスカ」

フィンランドの主食の基本はパン類で、その原料もかたちもさまざま!パンのバラエティが豊富なのもこの国の食文化の特徴なのです。そのなかのひとつ「マイトリエスカ」は、中西部イリビエスカの名物。これは牛乳入りの薄焼きパンのことで、フィンランドでメジャーな主食のひとつとして重宝されているパンです。

3. お粥「プーロ」

フィンランドでは朝食としてよく食べられているお粥「プーロ」。オーツ麦で作ればカウラプーロ、ライ麦で作ればルイスプーロ、お米で作ればリーシプーロと呼ばれます。砂糖やシナモンをかけたり、溶かしたバターやベリーソースをかけたりして食べるのが特徴。いわゆるオートミールのような食べ物です。

お肉系フィンランド料理5選

4. 焼きソーセージ「グリッリ・マッカラ」

夏のフィンランドでは、バーベキューをするのが定番!そのときにかかせないのが「グリッリ・マッカラ」です!「マッカラ」とはソーセージのことで、大きめのソーセージをグリルしてマスタードなどをつけて食べるというもの。ビールとの相性もばつぐんな料理です。夏だけでなく冬のキャンプファイヤーのときにもよく食べるのだとか。

5. トナカイのシチュー「ポロン・カリストゥス」

伝統的に狩猟文化のあるフィンランドで、よく食べられているユニークなお肉といえばトナカイ肉。「ポロン・カリストゥス」はそのトナカイ肉で作ったシチューです。この料理は、サンタクロースで有名なラップランドの郷土料理なのですが、フィンランドの全土で食べられています。マッシュポテトと一緒に食べるのが一般的。

6. ロールキャベツ「カーリカーリュレート」

フィンランドの郷土料理「カーリカーリュレート」とはロールキャベツのこと。日本のようにお鍋で煮るのではなく、オーブンで焼き煮して作ります。そのため、焦げ目が付いているのが特徴。トマトソースで煮込むだけでなく、甘いシロップやリンゴジャムを添えて食べることも。甘くするとデザートのような料理になります。

7. ミートボール「リハプッラ」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう