ライター : 茂山 夏子

北海道出身フリーライター/おいしいものに目がない! いま食べたいトレンドグルメと、生活に役立つグッズを紹介しています。 みなさまに楽しく読んでいただける記事作りを目指して…もっとみる

富山に生まれたハンモックカフェ

富山県・滑川市の「中滑川駅」から徒歩6分。趣ある古民家が並ぶ住宅街に、世界にひとつの芸術的なパフェを提供する行列必至のカフェ「ハンモックカフェアマカ」があります。アクセスは決してよくありませんが、遠方から訪れるお客さんも多い人気店です。
築100年の蔵付き物件をリノベーションした店内。コンセプトのハンモックは、各テーブルにひとつだけ設置されています。「交代で座って、学生の頃に席替えをしたときのようなワクワク感を楽しんでほしい」というオーナー様のメッセージが込められているんです。 しかし、お店に訪れた方は口々に「ハンモックは二の次!」と呟きます。カフェの看板メニューである"季節のパフェ"が、さらなるワクワク感を提供してくれるのです♪

五感で楽しむ芸術的なパフェメニュー

メロンパフェ

2,000円
シーズンごとに旬のフルーツを味わえる「ハンモックカフェアマカ」の"季節のパフェ"。ダイナミックながら繊細な盛り付けに、思わず息を飲んで見惚れてしまいますね。 初夏限定の「メロンパフェ」には、トップのメロンをとびきりおいしく味わえる工夫が満載。岩塩でローストされたココナッツチャンクや黒キャラメルジェラートなど、他店では味わえない素材とメロンのペアリングを楽しめます。

ブルーベリーパフェ

ベリージェラートが中央にコロン♪ ユニークなビジュアルの「ブルーベリーパフェ」は、ラム香るベリーと濃厚なマスカルポーネのハーモニーが楽しめるひと品です。カフェの常連さんが「なかなか出会えない……!」と嘆く数量限定のレアメニューでもあります。

アメリカンチェリーパフェ

1,500円
スクエア型のグラスで提供される「アメリカンチェリーパフェ」。肉厚なチェリーの真下には、香り高いヘーゼルナッツのアイスクリームがトッピングされています。"焼きメレンゲ"や"レモンカード"など、こだわり抜かれた素材が盛りだくさんです。

いちごパフェ

1,500円 画像右
大きな"あまおう"がのった「いちごパフェ」は、冬~春期間に出会えるフレーバーです。ボリューム満点ですが、飽きない工夫も盛りだくさん。マスカルポーネアイスや紅茶のジュレなど、層ごとに味や食感がガラリと変化します。 インスタ映えするいちごパフェは数あれど、ここまで手の込んだパフェが味わえるカフェはなかなか見つかりませんね。遠方から来店するリピーターさんが多い理由も頷けます。

パフェの醍醐味を堪能してみて

いかがでしたか?旬のフルーツを最高のペアリングで楽しめる「ハンモックカフェアマカ」のフルーツパフェは、富山に訪れたらぜひ食べておきたいひと品です。 パフェが提供される時間帯は、連日ランチタイム後の15:00~18:00まで(水曜日は丸1日パフェを提供)。火曜・金曜は定休日となっています。遠方から訪れる方は、店舗情報をご確認の上、スケジュールを組んでみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS