ライター : yuko_suzuki

カフェ巡りが好きな20代女性。全国の食いしん坊のために、“わかりやすく、楽しんで読める” をモットーに記事をお送りします♪

もち料理専門店「きた村」

京都、阪急「河原町駅」 徒歩7分のところにある、風情ある佇まいの「もち料理 きた村」。鴨川沿いに、コース料理を楽しめる「鴨川店」と、一品料理を楽しめる「木屋町店」の2店舗が並んでいます。 著名人も訪れたという築約100年の元お茶屋さん。先代がもち料理とおばんざいの店を始めたのがきっかけだそう。趣ある空間でいただくつきたてのもち料理と旬の食材を使った、彩り豊かな季節料理が人気です。
店内は「鴨川店」と「木屋町店」のどちらも日本風情を感じる造りで、お部屋ごとに異なる家具を使用するなど、おもてなしの心を感じます。個室もあり、大切な方とゆったりとした時間を過ごせそう。 また、「鴨川店」では、夏限定で川床もオープンします。鴨川の風を感じながら、季節料理を楽しむのもいいですね!

名物「たらこ餅」

700円(税込)
きた村の名物「たらこ餅」。コース料理でも一品料理でも、どちらでもいただけます。大将自らが仕上げるこだわりのちぎり餅に、お店オリジナルの明太子ペーストがのった逸品。「トマトスープ?」と思うくらいの色の鮮やかさが目を引きます。
出典: instagram.com
箸を入れるととろ~りとのびる上質なお餅に、卵黄をブレンドしているという濃厚な明太子ペーストがよく絡みます。
「初めは"お餅料理"といわれてもイメージがイマイチ湧かなかったけど、たらこ餅を食べてまた来たいと思った!」なんて声も。召し上がったお客様のほとんどが「家庭ではなかなか味わえない、もちもちのお餅に、こだわりのソースが絶妙!」と、トリコになる人が続出しています。

こちらも食べてみたい!気になるもち料理

うに餅

1,200円(税込)
お餅の上にたくさんのったうにと海苔。とっても贅沢で、お餅をさらにおいしくいただけそうですね!海鮮が好きなお客様、特にうにが好きな方はぜひ食べていただきたい一品です。

揚げじゃこ餅

こだわりのお餅の上に、揚げたてのじゃこをのせた「揚げじゃこ餅」。カリカリじゃこの小気味よい食感とともに、さっぱりといただける一品です。 もともと、"じゃこ豆腐"にのせていた揚げじゃこを、お客さんからの声でお餅に組み合わせたことがきっかけだそう。老舗ながらお客さんの声も取り入れる大将の心意気も素敵ですね。 ほかにも、定番の"いそべ焼き"や"とろろ餅"、"なっとう餅"など……バリエーション豊かに楽しむことができますので、何度も来たくなりますね♪

京都でもちもち食感に舌鼓を♪

日本風情を感じる店内で、大将の温かいおもてなしを感じるもち料理を味わってみたいですね。お酒と一緒に気軽に楽しめる「木屋町店」、ゆったりコース料理を楽しめる「鴨川店」、用途に合わせて選べるのもうれしいところ。これからの季節、川床で鴨川を眺めながら、もち料理に舌鼓を打つのもステキですね……♪ 京都を訪れた際はぜひ足を運んでみてくださいね。

店舗情報

■店舗名:もち料理 きた村 ■最寄駅:阪急「河原町駅」 徒歩7分 ■電話番号:075-351-7871 ■営業時間:17:00~23:00 ■定休日:日曜日 ■参考URL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26000849/ ■公式HP:http://www.mochi-kitamura.com/
※記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS