ルクルーゼ鍋が売れる4つの特徴。使い方や注意点、おすすめ10選♪

鮮やかでビビットなカラーが印象的な「ルクルーゼの鍋」。フランス原産のおしゃれな見た目だけではなく、機能面も実用的なんです。おいしく作れちゃう鍋のヒミツやどんなお料理が作れるか、さらに厳選したアイテム10選をご紹介していきます。

2018年6月25日 更新

ルクルーゼ鍋が人気を集める4つの特徴

1. 丈夫さの表れ!キャッチコピーは「100年鍋」

丈夫さには自信があるルクルーゼの鍋。正確には期間を保証するものではありませんが、「100年鍋」という表現を公式でできてしまうほど自信たっぷり!

その自信のヒミツは、丈夫な素材である鋳物ホーローとコーティング技術。内側と外側両面に対して、複数層のエナメルコーティングを施すことで高い強度を実現しています。臭いや汚れがつきにくく、耐衝撃性も進化しているんですよ。

2. ドーム型のフタ

ルクルーゼの鍋フタは、中心が盛り上がったドーム型になっています。この形こそが、おいしくなるヒミツあり!

調理時に鍋を加熱することで上っていく熱と蒸気が、ドームのフタに沿うように側面へ流れていきます。この蒸気の対流が食材を隅々まで包み込み、お料理をムラなくおいしく仕上げてくれるんですよ。

3. スチームコントロール機能

ルクルーゼの鍋フタには、余分な蒸気を逃がすために3ヶ所工夫がされています。バランスよく周囲から蒸気が抜けていくことで、沸騰時の吹きこぼれ防止対策にも!外に排出されることで水っぽくなることも防ぎ、料理もおいしく仕上げやすくなります。
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう