連載

【料理上手の朝ごはん vol.2】りえさんの物語

「朝ごはん」が得意なインスタグラマー100人でつなぐリレー連載。忙しい毎日の中でも、楽しみながら、工夫しながら朝ごはんをつくる「料理上手」さんたち。今回は美しすぎる朝ごはんに憧れる人が続出中の、りえさんが登場します。

2018年10月5日 更新

今日の料理上手さん

今日の料理上手さん

りえさん/macaroni【朝ごはん】アンバサダー

海外在住経験で培ったセンスはさすがのひと言。美しいスタイリングと料理テクニックで、まるでヨーロッパの料理雑誌から飛び出したような「憧れの朝ごはん」を表現する達人。

だから、やっぱり朝ごはんが好き

ーー朝ごはんを好きになったきっかけや、出来事を教えてください。
「我が家は子供たちはとっくに独立しているので、主人だけの朝ごはんを作り、わたしは抜いていたこともありました。でもそれだと生活のメリハリがつかないんです。いつの間にかお昼になっている……。朝ごはんをきちんととりだしたら、ダラダラ気分が抜けて1日の活力になりました。朝ごはんの後にゆっくりいただくコーヒータイムも好きな時間です」

「朝ごはん」のこだわり、あれこれ

ーー日々朝ごはんをつくるうえで、心がけていること、大切にしていることを教えてください。
「朝ごはんは元気の源。1日のスタートに朝ごはんは欠かせません。抜いてしまうと元気も今ひとつだし、頭も働かない。子供たちが学生の頃もどんなにギリギリでも朝ごはんを食べて通学させていました」

殿堂入りの朝ごはん

ーー朝ごはんのメニューでお気に入りを3つ選ぶとしたら?

黄色いオープンサンド

「黄色い果物、野菜を集めてのオープンサンド。6枚切りの食パンに、ブンタン・イエローキウイ・ライム・パプリカ・イエローズッキーニ・レモンを乗せて、さし色でフリルレタスを散らしています。オープンサンドはデコする過程が楽しくて大好きです」

グリーンサラダ

「グリーン系のコーデが大好きで、サラダはよく作ります。特別に食材を買うことはほとんどなく、冷蔵庫にあるものを組み合わせるだけ。今はお庭のハーブも育っているのでそれも必ず使います。使いかけのアボカドの色が悪くなっていたのでヨーグルトと混ぜてディップにしてオリーブオイルと一緒にドレッシングがわりにして食べました」

クロワッサンサンド

「市販のチョコクロワッサンにホイップクリームとイチゴとキウイを挟むだけ。ブレンダーでガァーと簡単に作ったポテトポタージュであたたまった後は、チアプディングを食べてまたあたたかいコーヒーで締めます。パンにデザートにポタージュをワンプレートにするのはお気に入りです」

この1枚で朝がはじまる

ーー朝ごはんに欠かせない、愛用のお皿を教えてください。

イイホシユミコ|un jour カップ&ソーサ

「食器はこれが1番というのは特になく、料理やスイーツに合わせて変えてます。中でもイイホシユミコさんのプレートやカップは、大きさもちょうどよく色合いも好きで使う頻度は高いです。カップには毎朝飲むカプチーノやポタージュ。プレートは大きいものはワンプレートごはんに小さめのはスイーツなどを乗せています」

頼もしい、この逸品

ーー朝ごはんで愛用している食材や、調味料を教えてください。

NOBLE|メープルシロップ

「パンケーキやヨーグルトパフェ、ワッフルを朝食によく作るのでメープルシロップや蜂蜜は欠かせません。メープルシロップは定期的に作るグラノーラにも必ず入れます。ビタミンやミネラルの含有量が高く蜂蜜よりカロリーも低いのでおすすめのひと品です」

「朝ごはん」をもっと楽しく

ーー朝ごはんづくりが苦手な人に、朝ごはんをつくるうえでのアドバイスをお願いします。
「わざわざ凝ったものは作らない、がわたし流。フルーツやお野菜が冷蔵庫にたくさんあるときはオープンサンドにしたり、パンがないときはパンケーキやヨーグルトにグラノーラ。コールドプレスジュースだけのときもあります。あるものを使って、食材の組み合わせを楽しみながら負担にならない朝ごはんづくりを楽しんでみるのはどうでしょうか。朝ごはんづくりを続けていくうちに、きっと自分らしい朝ごはんのスタイルができてくると思います」

今、気になる「料理上手さん」

ーー日頃参考にしている「朝ごはん」が得意な料理上手さんを教えてください。
今、気になる「料理上手さん」

あやさん

「あやちゃんの朝ごはん、大好きです!食べたいのはもちろんですが見ていても楽しくなります。出版もされている『3×3の朝ごパン』はとにかく丁寧でまさに芸術。真似っこしたくてもできません。あやちゃんの朝ごはんはとっても魅力的です」
次回はあやさんに「朝ごはん」のこだわりを教えていただきます。どうぞお楽しみに♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

マカロニメイトニュース

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう