ライター : cucunyaroti

「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。

超万能!NY生まれの「ナルゲンボトル」

ナルゲンボトルは1949年、ニューヨークで生まれたブランド。アメリカの「ナルジェ」社が作りました。もともとは研究用の試薬ボトルとして使われてたのが、ナルゲンボトルです。 「ハイキングで科学者さんたちがナルゲンボトルを持ち歩いているよ」という噂がちまたに広がり、じわじわと人気が出てきました。日々研究で、ナルゲンボトルを使っていた科学者さんたち。ナルゲンボトルがよっぽど使いやすかったのでしょうね。

ナルゲンボトル、3つの特徴とは?

液漏れしない特殊構造のキャップ

ナルゲンボトルの特徴のひとつは、その密閉度の高さです。一度蓋を閉めたらきっちりと閉まる特殊の構造が採用されているため、中に入っている内容物が漏れる心配がありません。横に転がってしまっても漏れないので、電車の移動中や運動中にも安心して持ち運ぶことができるんです。

持ち歩きにうれしい超軽量設計

ナルゲンボトルはとても軽く、持ち運びが楽なことも人気です!一番軽いものだと、100gを切っての90g!軽い素材で知られるプラスチックから作られています。麦茶やジュースを入れても、1kgにも満たないのがうれしいポイントですね。

耐熱耐冷の機能がすごい

ナルゲンボトルのすごいところは、耐熱耐冷の温度の幅が大きいところです。温かいものだと、熱湯の100度まで。冷たいものは、マイナス20度まで耐えることができる頑丈さを持っています。冬はアツアツのコーヒーを入れて、夏は凍らせておけば保冷剤としても使えるんですよ♪

アウトドアだけじゃない!ナルゲンボトルの使い方

水筒として使える!

ナルゲンボトルの「漏れない・軽い・熱いのも冷たいものもOK」な3つの機能を最大限に生かすことができるのが、やはり水筒でしょう。普段の通勤・通学シーンではもちろん、ピクニックやキャンプなどのレジャーシーンでも大活躍してくれます。冬は温かい飲み物で癒され、夏はキンキンの飲み物で生き返るような爽快感を味わってみてくださいね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS