2. 乗り物大好き!ワンタッチストローボトル 400ml

ITEM

サーモス真空断熱ストローボトル ブルー

重量:200g

¥2,380 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

乗り物好きの小さな男の子ならお気に入り間違いナシのデザインもありますよ。ポーチはちいさな肩に優しいショルダーパットつき、名前が書けるスペースもあります。ワンタッチオープンの保冷専用魔法瓶。女の子用デザインのライトピンクも♪

3. ミニー ピンクハート ワンタッチストローボトル 400ml

ITEM

サーモス真空断熱ワンタッチストローボトル ミニー

重量:200g

¥2,308 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

世代を超えて根強い人気のディスニーキャラクター、ミニーマウスのデザインもあります。ラブリーなピンクのなポーチを肩にかければ、公園のお出かけや通園もウキウキ。本体はシンプルなデザイン、高機能な保冷専用魔法瓶なので、お子さんが成長すればママ用ボトルにも活用できそうです。

定番!2WAYタイプの水筒5選

4. ブルースターミッキー 2WAYボトル 630ml/600ml

ITEM

サーモス真空断熱2WAYボトル ミッキー

重量:399g

¥2,854 ※2018年05月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

夏は保冷専用のスポーツボトルに、冬はコップで温かい飲み物、とキャップを付け替えて一年中大活躍の2WAYボトル。飽きるのこない人気のミッキーデザインは、ずっと大切なマイボトルに。パッキンや部品もオンラインショップで購入できるので、わんぱくなお子さんも安心して使えます。

5. ミッフィー 2WAYボトル 630ml/600ml

ITEM

サーモス 真空断熱 2WAYボトル ミッフィー

重量:399g

¥2,827 ※2018年05月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ストロータイプを卒業、コップデビューのお子さんにおすすめの2WAYボトル。通園や外遊びにピッタリです。小さな男の子にも女の子も大好きなミッフィーデザイン。本体はシンプルなイラストなので、ポーチを外せば大人になっても使えそうですよ♪

6. リボンピンク 2WAYボトル 830ml/800ml

ITEM

サーモス 真空断熱 2WAYボトル リボンピンク

重量:399g

¥2,500 ※2018年05月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらはスポーツボトルで830ml、コップ使用で800mlと大きめサイズの2WAYボトル。在校時間が長い・スポーツをしているお子さんにおすすめです。女の子はデザインの好みがわかれるお年頃、ブルー×ブラックの色違いもまりますよ♪

7. ブラックレッド 2WAYボトル 1.03L/1.0L

ITEM

サーモス 真空断熱 2WAYボトル 1.03L/1.0L ブラックレッド

重量:499g

¥2,915 ※2018年05月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「かわいい」よりも「カッコイイ」と言われたい!ティーンエイジャーになった男の子には、ブラック×レッドのシャープなデザインがオススメ。サイズも1.03L/1.0L と大容量。放課後もアクティブに活動するお子さんにぴったり、スポーツドリンクもOKです。爽やかなブルー×イエローの色違いもあります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS