ライター : motte

都内に住む主婦です。1歳&4歳の娘と、日々育児という名の格闘中です♡好きなことはおいしいものを食べること、食品サンプルを眺めること、旅行、編みもの。英語とフランス語が大好きで…もっとみる

可愛い食器ブランド3選

1. シンプルさが魅力「クラシカ ドー マグカップ」

ITEM

CLASKA DO マグカップ

サイズ:直径90×高さ75×持ち手幅30mm

¥3,888〜 ※2018年05月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

最初にご紹介するのは、シンプルさが魅力的な「クラシカ(CLASKA)」の『ドー(DO)』シリーズより、マグカップをご紹介します。イエロー、ホワイト、そしてグレーの3色から二つを選んでペアで購入できますよ。

2. 上品なストロベリー柄「ウェッジウッド ティーカップ&ソーサー」

ITEM

Wedgwood ティーカップ&ソーサー

サイズ:口径90×高さ80mm(カップ)、直径145mm(ソーサー)

¥6,912〜 ※2018年05月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

世界中で大人気の、ワイルドストロベリー柄が特徴的なブランドといえば「ウェッジウッド(Wedgwood)」。こんなに上品なカップでお茶をいただいたら、いつものティータイムがもっと優雅なものになりそうです。

3. 落ち着いた色味が大人っぽい「イッタラ タイカ ミッドナイトブルーマグ」

ITEM

iittala タイカ ミッドナイトブルーマグ

サイズ:口径90×横幅120×高さ120mm

¥2,268〜 ※2018年05月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

言わずと知れた有名食器ブランド「イッタラ(iittala)」からは、『タイカ(TAIKA)』シリーズのミッドナイトブルーマグをご紹介しましょう。落ち着いたカラーリングで、大人のためのマグカップといった印象ですね。

北欧風の可愛い食器ブランド3選

4. ねこの表情がキュート「リサ・ラーソン ごのねこ豆皿」

ITEM

LisaLarson ごのねこ豆皿

サイズ:幅122✕奥行105✕高さ16mm

¥2,160〜 ※2018年05月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

人気の北欧ブランドといえば、「リサ・ラーソン(LisaLarson)」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。有田焼の豆皿はかわいさはもちろんのこと、使い勝手も抜群です。どれもおしゃれで迷ってしまいそうですね。

5. 元気が出るビタミンカラー「マリメッコ ケスティト プレート」

ITEM

marimekko KESTIT プレート

サイズ:直径200×高さ20mm

¥4,950〜 ※2020年01月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

思わず笑顔が溢れだしそうなビタミンカラーのお皿は、「マリメッコ(marimekko)」の『ケスティト(KESTIT)』シリーズのアイテムです。どんなシーンでも使いやすいサイズで、毎日活躍してくれそう。

6. レトロな模様と色合い「サガフォルム レトロサイドプレート」

ITEM

sagaform レトロサイドプレート

サイズ:直径210mm

¥1,620〜 ※2018年05月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「サガフォルム(sagaform)」のプレートは、どこかレトロな柄とカラーリングが印象的なアイテムです。お皿の端の部分に柄がつけられているので、お料理を盛ったときに、柄がきちんと出るのも嬉しいですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS