水筒の人気商品21選!入れたらNGな飲み物や手入れ方法も

好きな飲み物を携帯できる水筒は、エコにもひと役買っています。自分にピッタリの水筒の選び方やお手入れ方法、水筒に入れてはいけない飲み物のほか、機能性別のおすすめ水筒もご紹介。毎日が楽しくなるような、お気に入りを見つけてくださいね♪

2019年10月10日 更新

自分にぴったりの水筒はどれ?

容量・重さをチェック

好きな飲み物をいつでも飲むことができる水筒ですが、どこでどのくらいの量を飲むのかをまず考えてみましょう。自宅なら問題はありませんが、オフィスに持って行く場合、液体の入った水筒の重さはけっこう気になるもの。そしてカバンに入らなければ意味がありません。水筒自体の重量と大きさをチェックしてから、お気に入りのデザインを選びましょう。

重視する機能はどれ?

容量と重さ、使うシーンが見えてくると、欲しい機能も見えてきます。オフィスやアウトドアに持って行く水筒なら保温・保冷に優れたもの。長時間持ち歩くのでこぼれにくい密封性が高いもの。スポーツをする時に便利なワンタッチでフタが開けられるものなど、ポイントをおさえて水筒を選ぶことも大切です。

長く使い続けるためにも、しっかりイメージしてみましょう。

洗いやすさも重要

毎日使うものだからこそ、洗いやすいことも重要なポイントとなります。分解できるタイプは清潔に保ちやすいメリットがありますが、パーツの数が多いと洗うのが面倒になってしまうことも。洗いやすい水筒は、パーツが少なく丸洗いできるもの。お手入れのしさすさも、水筒を選ぶ際の重要なポイントです。

デザイン重視!スタイリッシュでおしゃれな水筒7選

1. シンプルでキレイ「プレミアムマイカフェスリム ダイレクトマグ300」

シンプルで使いやすいステンレス製です。カラーはルビーレッドのほか5色あり、どれも大人っぽくきれいな色合い。保温もバッチリで持ち歩きしやすく、洗いやすいのでオフィス用に使っている人が多い商品です。

2. 牛乳ビンの型が斬新!「ステンレス製携帯用ボトル モッシュ(mosh)」

牛乳ビンのようなデザインがオシャレなステンレス製です。ステンレス真空二重構造なので、保温・保冷はバッチリ!カラーバリエーションが全12色というのもうれしいポイントです。ボトルキャップのゴムは取り外して洗うことができます。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう