「マンズワイン」勝沼・小諸の工場見学もできる国産ワイナリーの魅力

「マンズワイン」は山梨県・勝沼と長野県・小諸にワイナリーを持つ、日本最大級のワインブランド。日本を代表する醤油メーカーの研究者たちが作り上げました。今回は、マンズワインの魅力と銘柄の種類、国内2箇所のワイン工場見学についてご紹介します。

2018年5月21日 更新

醤油造りの仕事を活かす!日本国産の「マンズワイン」とは?

マンズワインとは?

マンズワインは日本を代表するしょうゆメーカー「キッコーマン」が作ったブランドです。醤油醸造の技術を活かし、「日本がおいしくなるワイン。」を目指しているんですよ!

山梨県の勝沼に日本最大級のワイナリーを持ち、雨の多い日本でもぶどうが病気にならずに栽培できる方法や、ワインに適した新品種も生み出されています。国産・外国産を問わず、厳しく選別したぶどうを原料に研究を重ね、ぶどうの可能性を最大限に引き出すワインづくりをおこなっています。

マンズワインのワイナリー見学も楽しい!

マンズワインのワイナリーは国内には2ヶ所あります。ぶどうの産地である山梨県「勝沼ワイナリー」と長野県の「小諸ワイナリー」です。工場見学ができ、試飲やお食事ができるレストランやバーベキュー場もあります!

見学の方法や、それぞれのワイナリーの施設については後ほど詳しくご説明していきますね♪

マンズワインの種類

1. 手摘みで収穫丁寧に作られた「ソラリス」

ITEM

信州千曲川産メルロー ソラリス 2009 赤

内容量:750ml

¥4,200〜 ※2018年5月15日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「ソラリス」のぶどうは、ひと房ひと房を手摘みで収穫。丁寧に人の手で茎を取って搾られた、まさに「手を尽くして」作られたワインなんですよ!イタリア語で“太陽の”を意味する「ソラリス」には、太陽の光をたっぷり浴びて育った良質のぶどうだけを使うマンズワインのこだわりを表わしています。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう