キッチンカウンター下収納の活用アイデア!おすすめ実例を紹介

カウンター下の空いたスペース。収納として有効活用しようと思っても、何から始めたらいいかわからないですよね。まずは何を置くか、どんな部屋にしたいのかを考えてみましょう!収納の王道パターンやおすすめアイデアをご紹介します。

2018年5月24日 更新

キッチンカウンター下収納の王道3パターン!

1. 食器を収納する

キッチンで収納したいものといえば、食器ですよね。「キッチン上の収納は手が届かない」「食器棚までは遠くて面倒」といった悩みを解決できます!カウンター上で最後に盛り付けをするようにしても使い勝手が良く、パーティーの時も小皿がさっと出せて便利です。

注意点は、カウンターの幅によって入れられる食器が限られること。また、ガラスの収納扉や扉がない収納の場合は、見栄えのいい食器を選ぶなどの工夫をするとより素敵なカウンタースペースになりますよ。

2. 本を収納する

何かと場所をとってしまう本も、カウンターにスッキリ収納できます。料理の本はもちろん、リビングに置いておきたい本であれば何でも入れられますよ。食器を収納するよりも生活感が出にくく、スタイリッシュなインテリアにしやすいです。入れたい本があまりない場合や、カウンター下にあまり奥行がない場合はマガジンラックのように雑誌の表紙を見せるとおしゃれですね。

ただ、キッチン周りは水で汚れる可能性が高いので、扉がない収納では注意が必要です。

3. 飾り棚など「魅せる」収納

カウンター下までおしゃれに仕上げているキッチン、憧れますよね。魅せる収納であれば、実用性を気にしなくても大丈夫です。インテリアに合う雑貨や小物を置いたり、特別な食器を飾ったりと自由にカスタマイズできます。

ポイントは、キッチンのレイアウトを考慮すること。見えやすい位置はどこなのかを把握し、全く人から見えない位置は収納にしてしまう、などレイアウトに合わせて工夫してみましょう。

キッチンカウンター下に食器を収納するアイデア3選

1. 目隠しで色を抑える!カウンターカーテンのDIY

好きなだけ食器を収納すると、どうしても色味がごちゃついてしまいますよね。そんな時にはカウンターカーテンで目隠ししちゃいましょう!布を買ってピンで留めるだけの簡単DIYです。白で統一できる棚はオープンにすると解放感が出ます。

2. 空間を上手に使う!マグカップを吊るせる収納

形もバラバラで重ねづらく、場所を取りがちなのがマグカップ。扉のない収納棚で、ぎゅうぎゅうに詰めるのは不格好ですよね。そんな時には、収納上にフックを仕込んで、吊るせる棚にしましょう!乾きやすいのも嬉しいです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rui_nbsp_rui

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう