ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

シンク下にゴミ箱を置くことのメリット

生活感が出ない

ゴミ箱は生活の中で出てきた要らなくなったものを一時的に収納する場所です。特にキッチンで出るゴミは、料理の過程で出た生ゴミや食べ残しといった臭いや見た目にも良くないものを収納しなければなりません。そんなときにシンク下にゴミ箱を収めることで、ゴミ箱の姿を消すことができ、ゴミ箱から発せられる生活感を排除することができます。

キッチンが広くなる

お家の中でも、ごく限られたスペースであるキッチン。できるだけ水道、コンロ、冷蔵庫のキッチン動線をすっきりと保つことができるとキッチンでの仕事がはかどります。ゴミ箱は足元にあるものなので、そのゴミ箱をシンク下の空洞や収納の中にしまうことができると、キッチンのスペースをより広く確保することができます。

調理中すぐにゴミが捨てられる

調理中に出たゴミや片付けの際に出たシンクのゴミなどは、水回りを清潔に保つためにもすぐに処分できると便利ですよね!シンク下にゴミ箱があれば、作業の途中でさっとゴミを捨てることができます。ペダル式やフタなしのゴミ箱だと、手を止めたりせずにゴミを捨て、作業に戻ることができます。

デメリットは?

キッチンのゴミ箱をシンク下に収納することのメリットを3つあげましたが、デメリットはあるのでしょうか? ゴミ箱をシンク下に収納することのデメリットとしてあげられるのは、生ゴミを捨てると収納の中にゴミの臭いがこもってしまうこと、ゴミを捨てる際にゴミから出た汁や水気が中で飛び散ってしまうことが挙げられます。ゴミ袋をこまめに取り替え、長時間ゴミがシンク下にないようにするなど工夫が必要です。

シンク下におきたいおすすめゴミ箱10選

1. ペダルを踏まずにゴミを捨てることができる!

ITEM

ハイロ(Hailo) ニュービッグボックス 40L ホワイト

サイズ:33.5×26.5×54cm

¥11,237 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ドイツ生まれの、ペダルを踏まずにフタが開くダストボックス。外から袋が見えないので、ゴミ箱らしさがなくおしゃれです!フタが開いて中に落とすだけなので、手を汚さずにゴミを捨てることができるゴミ箱です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS