指1本で出し入れ楽々。ニトリ「ダストボックス」のすごワザ収納術3選

便利なグッズが揃う「ニトリ」の商品。なかでも、ミニサイズのダストボックスがキッチンで大活躍!今回はこのダストボックスを使って、別の活用方法を紹介します。麦茶パックやスティックコーヒーを、取り出しやすく見た目もキレイな収納方法に♪

2018年10月22日 更新

そのまま使うだけではもったいない!

そのまま使うだけではもったいない!

Photo by ya2yo8i

ニトリで販売されている「ダストボックス」。その名の通り"ゴミ箱"として販売されていますが、シンプルなフォルムで、開け閉めしやすい造りになっているので、キッチン収納にも使えるんですよ♪

今回はダストボックスを使った3つの活用アイデアをご紹介します。

インテリアを邪魔しないシンプルデザイン

インテリアを邪魔しないシンプルデザイン

Photo by ya2yo8i

498円(税込み)

こちらが今回ご紹介するニトリの「ダストボックス プリート」です。真っ白でシンプルなデザインなのでどこに置いても邪魔にならないのがポイント!また開け閉めがとても簡単で、指一本で開けることができますよ!

トイレではもちろん、キッチンのごみ入れとしても役立ちます。フタが付いているので匂い漏れもしません。

内側には袋を見せないリング付き!

内側には袋を見せないリング付き!

Photo by ya2yo8i

ゴミ箱として使用するときに、ビニール袋が表に出ないので見た目もキレイに使えます!

3つの活用アイデア

1. 麦茶パック収納

1. 麦茶パック収納

Photo by ya2yo8i

まずご紹介するのが、意外と収納に困る「麦茶パック」。麦茶パックの収納は、袋の口をクリップで止めたり、ジップロックに入れたりしていませんか?このような場合だとお湯が沸いてもすぐに取り出しにくいですよね。

そんなときに最適なのがダストボックス!指一本、ワンアクションでサッと取り出せちゃいます。

麦茶パックすべて(54パック)収納することができました♪
1 / 3

特集

SPECIAL CONTENTS