ライター : manaminmin

4姉妹のお母さんをしながらライターをしています。美容・育児・ヘアスタイルなど幅広く執筆中。

カウンター下収納の選び方

キッチンカウンターの下は、意外と広いスペースがあり収納にも大活躍しますよね。より有効活用するためには、自宅のキッチンカウンターに合った収納方法を選びましょう。キッチンカウンター下収納の選び方について解説します。

高さで選ぶ

キッチンカウンターの下収納は、まずキッチンカウンターの高さを把握することが大切です。「何センチの高さまでならOK」と分かっていると、選ぶ棚やレイアウトを決めやすくなります。

収納力で選ぶ

キッチンカウンターの下収納にはどれくらいの収納力を望んでいるのか、考えてみましょう。たくさん収納したい人は、できるだけスペースを最大限に活かすようにレイアウトしてくださいね。

開け方で選ぶ

キッチンカウンターの下収納の戸の開け方についても考えておきましょう。戸の開け方によっては、周りに置けるものや置けないものがあります。「キッチンカウンター下収納の前にテーブルを置きたい」などの場合は、戸で開けるタイプではないデザインを選ぶのが◎。キッチンカウンター下収納の戸の開け方はとても重要なポイントでもあります。

薄型キッチンカウンター下収納棚5選

1. かわいい子ども用スペースに「絵本置き場活用法」

薄型のキッチンカウンターには、子どもの絵本がピッタリです。表紙で選べるので、お子さまが喜ぶこと間違いなし。お片付けもしやすく、しつけにも最適ですね。キッチンに絵本を置くことで、空いた時間で気軽に子供とのコミュニケーションをとることもできますよ。

2. 気分はおしゃれなBar「アルコールなどの瓶を収納」

あまり奥行きがない薄型のキッチンカウンターは、焼酎や日本酒の瓶を収納する際にもちょうどいいサイズになっています。並べるようにして収納すれば、雰囲気も出ますし毎日の晩酌が楽しみになりそうです。種類別などお好みで並び変えるなど、気分に合わせてお気に入りのアルコール類を収納してみてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS