電子レンジのアース線はどうする?役割や接続方法・代替商品も

みなさんはきちんとアース線を付けて電子レンジを使用していますか?見た目はただの細い金属線ですが、実は私たちの安全を守るためのとっても重要な線なのですよ。アース線を取り付ける際の小さな疑問も丁寧に解説しますので、参考にしてみてくださいね。

電子レンジのアース線は付けなくてもいい?

アース線の役割

アース線とは、地面に打ちこまれている金属棒を通して、電気を地面に流すために使用する線のことです。

アース線の最大の役割は、感電の防止。水気や湿気のある場所で使用することの多い洗濯機や電子レンジは漏電する可能性があります。アースを取り付けることで電気を大地に逃がし、感電や火災を防いでくれるのですよ。さらに、電磁波の防止、落雷による被害の軽減などの役割も果たしてくれるのです。

付けないとどうなる?

電気製品の中を流れる電流は外へ流れ出ないように対策がしてありますので、通常の状態では電気製品に濡れても感電するようなことはありません。しかし、長期間にわたって使用していたり、電気製品が水でぬれたりすると電気が表面に漏れてくることがあります。

そのときに手で触ると感電して危険な状態になるのですよ。付けていない人も多いようですが、いざというときのために付けておいた方が安全でしょう。

知っていると安心!アース線の取り付け方

アース線を取り付ける際は必ずコードを抜いてからおこないましょう。

まず、アース端子のカバーを開けます。カバーの中には金属のアースネジがあるので、プラスドライバーで左に回して緩めましょう。そして、電子レンジのアース線先端のビニールの皮をむき、芯線部を金具に挟みます。

アース線がアース端子に繋がったら、ネジを右に回して閉めましょう。アース線を引っ張ってみて外れないか確認できたら、カバーを閉めて完了です。

便利なワンタッチ式も!

最近では、簡単に取り付けることのできるワンタッチ式のアース端子も普及してきていますよ。ワンタッチ式のものは、カバーを開けるとアース線を挿し込む穴があります。その穴にアース線の先端を細く丸めて挿し込むだけ。あとはカバーを閉じればあっという間に完了です。

ネジを開け閉めする手間もいらないし、なにより道具が一切必要ないのがうれしいですね。

意外と簡単♪アース線の延長方法

電子レンジからコンセントまでの距離が遠くても、アース線取り付けを諦める必要はありません。電源コードもコンセントに届かない場合には、延長コードを使って延長しますよね。コード同様、アース線も同じ太さのアース線を用意するだけで、簡単にコンセントの位置まで延長することができるのですよ。

どこで買える?

アース線を延長するのに必要なアースケーブルはホームセンターで購入することができます。ホームセンターが近くにないという方も心配はいりませんよ。ネット通販でも簡単に購入することができるので、電子レンジと同じ太さのアースケーブルを探してみましょう。

延長方法は?

最初に、電子レンジのアース線とホームセンターなどで購入したアースケーブルの先端にあるビニール皮を剥きましょう。中の金属線を結び合わせて上から絶縁テープを巻き付ければ完了ですよ。金属線の結び目を半田ごてで固定してから絶縁テープを巻くと、さらに完璧に仕上げることができます。

すでにほかのアース線を繋いでしまっている場合

電化製品を数多く設置しているキッチンでは、アース端子が足りなくなることもありますよね。実は家庭用のアース配線は内部でひとつになっているので、ひとつのアース端子に複数のアース線を繋いでも全く問題ないのですよ。

冷蔵庫、電子レンジ、オーブンのアース線をひとつのアース端子に繋げば、アース端子の不足問題は解決できますね。先ほどご紹介した延長方法を使えば、コンセントの位置が離れていても大丈夫ですよ。

コンセントにアース接続口がない!そんなときは!?

特集

SPECIAL CONTENTS